ここから本文です

>>22600

>SKG(賞味期限切れ)商品…ぷ
【「賞味期限切れ商品」を売るスーパーが大阪に 食品ロス問題に“買う”という選択肢】
4/20(土) 14:30配信
MBSニュース
「消費期限」は安全に食べられる期限、「賞味期限」はおいしく食べられる期限です。そのため「賞味期限」を過ぎたら「食べる派」と「捨てる派」に人によって選択肢が分かれます。そんな中、大阪に賞味期限を過ぎた商品などを取り扱うスーパーができました。消費者が「買う」という選択肢で食品ロス問題に取り組んでいます。
「賞味期限」が過ぎていても「食べられるものを格安で販売」
松本麻衣子アナウンサーがやって来たのは、大阪・福島区。JR野田駅からすぐの「ecoeat(エコイート)」です。一見、普通のスーパーなんですが…定価600円のラーメンがなんと20円!1000円の夕張メロンゼリーは180円!驚きの価格にお客さんの反応は…
(中略)
食品業界独特の商慣習「3分の1ルール」
そもそも賞味期限が迫ったり、切れたりしている商品が、なぜこんなにたくさんあるのでしょうか?それには、食品業界独特の商慣習が関係していました。その慣習とは、3分の1ルールというもの。例えば賞味期限が6か月の商品の場合、3分の1である2か月ずつに区切って考えます。メーカーがスーパーに卸せるのは製造から2か月まで、スーパーの店頭に置けるのは、そこからさらに2か月後まで。それを越えるとメーカーに返品され、結局廃棄処分されることも多いといいます。
(中略)
「(賞味期限切れ商品の処分には)1キロ70円の処分費用がかかる。プラスそれを運ぶ送料・運賃もかかりますから、トラック1台で何十万もかかる。それが0円になると経済的にも(経費が)浮く」(高津博司さん)
(中略)
高津さんは、店舗で格安販売を続ける一方、福祉施設などへの食糧支援も続けています。この仕組みが定着すれば、まだ食べられる食品が捨てられてしまう日本の現状を少しでもよくできるのではないかと考えています。
「ビジネスとしても継続できるようにして、全国的にもこれを広めようと。日本の将来のために頑張りたい」(高津博司さん)
(4月18日放送 MBSテレビ「ミント!」内『特命取材班・チームF』より)

  • >>22603

    ⬆大阪商人
    【GW限定で「お父さん預かり」サービス…お荷物?いえ、超快適な空間だった】
    4/26(金) 19:40配信
    GW限定でお父さん預かります!!
    いよいよ10連休のGW、家族でどこかに出かけるという予定を立てている人もいるだろう。
    しかし、出かけたはいいが、あまりの人混みでリフレッシュするどころか、余計に疲れてしまったという経験はないだろうか。
    特にお父さんは長時間の運転や荷物持ちなど疲れることが多いように思える。
    そんなお父さんに朗報である。
    大阪メトロなんば駅から1分。難波御堂筋ホールが、GW限定で「お父さん預かり」というサービスを始めると話題になっている。
    「お父さん預かり」というと“お荷物”的な響きで、ちょっとどうなの?と思ってしまう人もいるかもしれないが、確かに休日のデパートなどで、所在なさげだったり、ぐったり疲れたりしているお父さんを見かけることがある。大阪の一大観光地のなんばで、そんなお父さんを預かってくれるというのだ。
    至れり尽くせりの超快適空間
    難波御堂筋ホールは貸し会議室、貸し展示場を主な業務としていて、過去には会議室利用者にコスプレ衣装を貸し出す「コスプレ会議」など、ちょっと変わった企画を行っている。
    今回の「お父さん預かり」サービスは、元々ロッカーなどがすぐ埋まってしまうなんばで、空いている部屋を使って旅行用の荷物を預かるというサービスを進化させたものだという。
    そして、お父さんが預けられる場所は会議室ではあるが、あなどるなかれ、快適空間が用意されている。
    会議室は200平方メートルの広さ。
    その中にワークスペース、漫画コーナー、フットマッサージ、バランスボール、ごろごろできるマットなどか置かれている。
    Wi-Fiもあり、携帯電話充電器まで貸し出されている。
    また、飲み物も準備され200円で飲み放題のドリンクバーに缶ビール販売もある。
    さらに別室にはゴルフシミュレーション体験を設けるという充実ぶりだ。
    利用時間は午前9時から午後7時まで。
    朝から疲弊したお父さんも早い時間から入ることができるのも嬉しいポイントで、これなら預かって欲しいお父さんも多いだろう。
    (以下略)
    ⬇マナー違反

    ZMPとZMP関連銘柄を語る ⬆大阪商人 【GW限定で「お父さん預かり」サービス…お荷物?いえ、超快適な空間だった】