ここから本文です

>>21979

⬆揚げ足取り、内輪もめばかり
>朝日(AERA.dot)さん、揚げ足を取る
【菅直人元首相、暴言ツイッター削除せず 「枝野一強」の立憲民主が安倍政権の補完勢力になる日】
2019.4.20 12:05dot.
 元首相の“暴言”を発端に、野党の場外乱闘が意外な展開を見せている。
 立憲民主党の菅直人元首相は9日、自身のツイッターに<国民民主党は、政治理念が不明確なので解散し、参院選までに個々の議員の判断で立憲との再結集に参加するのが望ましい>と投稿。立憲民主と国民民主は夏の参院選に向けて選挙協力を模索しているが、表向きは「友党」である政党に元首相が公然と解散を要求し、冷や水を浴びせた格好だ。
 さすがにこの発言には、国民民主だけではなく立憲民主党内からも批判が噴出した。立憲民主会派の岡田克也衆院議員は11日、菅氏の発言について「慎むべき発言」と自重を促した。
 一方、菅氏自身は発言に問題があったとは考えていないようだ。枝野幸男代表は、菅氏に対して口頭で注意をしたが、ツイッターの投稿は現在も残されたまま。枝野氏も実質「処分なし」で問題を収束させるつもりのようだ。菅氏には発言の真意や投稿を削除する意志があるかについて取材を求めたが、「選挙で忙しいため、取材を受けることはできません」(菅事務所)とのことだった。
 この発言をめぐっては、国民民主の玉木雄一郎代表が10日、東京都内の行事で同席した菅氏に「煩悩があり過ぎるようなので、お遍路でも回ったらいかがか」と話し、引退勧告をしたと報じられたことも話題になった。菅氏はかつて、年金未納問題で党首を辞任した時や首相退任後にお遍路をしたことがある。玉木氏の選挙区はお遍路道がある香川県でもあり、「よかったらアレンジしますよ」とも提案したという。
 ただ、実際のやり取りは少し違ったようだ。玉木氏周辺はこう話す。
「実は、その行事には枝野さんら元民主党の幹部も参加していて、お遍路の話題は先に元幹部から先に出たんです。それに応じた玉木さんが、菅さんに『お遍路道を紹介しますよ』と話したのが、『元首相に対して引退勧告をした』と強く問い詰めたように報道された。玉木さんとしては想定外だったようですが、党には激励する声が相次いだそうです」(以下略)

ZMPとZMP関連銘柄を語る ⬆揚げ足取り、内輪もめばかり >朝日(AERA.dot)さん、揚げ足を取る 【菅直人元首相、暴言ツイ

  • >>22600

    >SKG(賞味期限切れ)商品…ぷ
    【「賞味期限切れ商品」を売るスーパーが大阪に 食品ロス問題に“買う”という選択肢】
    4/20(土) 14:30配信
    MBSニュース
    「消費期限」は安全に食べられる期限、「賞味期限」はおいしく食べられる期限です。そのため「賞味期限」を過ぎたら「食べる派」と「捨てる派」に人によって選択肢が分かれます。そんな中、大阪に賞味期限を過ぎた商品などを取り扱うスーパーができました。消費者が「買う」という選択肢で食品ロス問題に取り組んでいます。
    「賞味期限」が過ぎていても「食べられるものを格安で販売」
    松本麻衣子アナウンサーがやって来たのは、大阪・福島区。JR野田駅からすぐの「ecoeat(エコイート)」です。一見、普通のスーパーなんですが…定価600円のラーメンがなんと20円!1000円の夕張メロンゼリーは180円!驚きの価格にお客さんの反応は…
    (中略)
    食品業界独特の商慣習「3分の1ルール」
    そもそも賞味期限が迫ったり、切れたりしている商品が、なぜこんなにたくさんあるのでしょうか?それには、食品業界独特の商慣習が関係していました。その慣習とは、3分の1ルールというもの。例えば賞味期限が6か月の商品の場合、3分の1である2か月ずつに区切って考えます。メーカーがスーパーに卸せるのは製造から2か月まで、スーパーの店頭に置けるのは、そこからさらに2か月後まで。それを越えるとメーカーに返品され、結局廃棄処分されることも多いといいます。
    (中略)
    「(賞味期限切れ商品の処分には)1キロ70円の処分費用がかかる。プラスそれを運ぶ送料・運賃もかかりますから、トラック1台で何十万もかかる。それが0円になると経済的にも(経費が)浮く」(高津博司さん)
    (中略)
    高津さんは、店舗で格安販売を続ける一方、福祉施設などへの食糧支援も続けています。この仕組みが定着すれば、まだ食べられる食品が捨てられてしまう日本の現状を少しでもよくできるのではないかと考えています。
    「ビジネスとしても継続できるようにして、全国的にもこれを広めようと。日本の将来のために頑張りたい」(高津博司さん)
    (4月18日放送 MBSテレビ「ミント!」内『特命取材班・チームF』より)