ここから本文です

>>13991

⬆ダイソーがスタートアップの訳ない。
【企業価値、22社が100億円以上(NEXTユニコーン調査)】
2017年11月20日 0:00 [有料会員限定]
h ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO23487810U7A111C1EA8000/?n_cid=NMAIL007
未上場で成長を続けるスタートアップ企業の存在感が増している。日本経済新聞社が実施した「NEXTユニコーン調査」によると国内22社が企業価値(推計)で100億円を超えた。人工知能(AI)やネット関連が上位にきた。独自技術に着目する大手企業も有力スタートアップ企業の取り込みに動く。新興企業の台頭は産業構造の変化に対応し、日本経済を活性化する役割を果たしている。
企業価値ランキング(1~28位)
推計企業価値(億円) 直近の増資時期
プリファード・ネットワークス
(深層学習の産業応用) 2326 2017年8月
メルカリ
(フリマアプリ運営) 1479 16年3月
Sansan
(クラウド型名刺管理) 505 17年7月
エリーパワー
(リチウムイオン電池) 404 12年5月
フリー
(中小企業クラウド会計) 394 16年12月
ビズリーチ
(転職サイト運営) 338 16年6月
TBM
(石灰石で新素材開発) 292 17年11月
FiNC
(健康サービス) 225 17年8月
ラクスル
(ネット印刷、物流) 219 16年8月
ボナック
(核酸医薬品開発) 217 17年9月
ビットフライヤー
(仮想通貨取引所の運営) 213 17年2月
セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ
(全自動衣類折り畳み機) 174 17年5月
ソラコム
(IoT通信サービス) 173 16年6月
C Channel
(女性向け動画配信) 163 16年12月
GLM
(電気自動車の開発) 151 16年8月
グライダーアソシエイツ
(キュレーションサイト) 149 15年7月
お金のデザイン
(スマホで投資運用) 132 17年10月
フロムスクラッチ
(データ管理サービス) 127 17年5月
ペジーコンピューティング
(省エネスパコンの開発) 120 15年7月
Liquid
(生体認証エンジン開発) 105 17年3月
スターフェスティバル
(フードデリバリー) 101 17年7月
デリー
(レシピ動画サービス) 100 17年4月
マイクロ波化学
(化学化合物の効率量産) 98 17年9月
リノべる
(リノベーション) 90 17年7月
ランサーズ
(クラウドソーシング) 84 14年12月
JTOWER
(通信設備シェアリング) 74 16年5月
ワンタップバイ
(証券業) 71 17年2月
ウェルスナビ
(資産運用サービス) 66 16年10月
(注)登記簿情報などを基に直近の増資時における企業価値を日本経済新聞社が推計。

  • >>13992

    ⬆ちなみに昨年のNEXTユニコーン調査も対象外
    【企業価値、22社が100億円以上(NEXTユニコーン調査)】
    2017年11月20日 0:00 [有料会員限定]

  • >>13992

    ⬆セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ
    (全自動衣類折り畳み機) 企業価値174億円
    >ああ、無情!
    【世界初の全自動衣類折り畳み機「ランドロイド」の開発企業が破産】
    4/23(火) 13:37配信
    技術的な問題解決のため、『laundroid』の販売を延期していた。
     seven dreamers laboratories(株)(セブンドリーマーズラボラトリーズ、TDB企業コード:051012541、東京都港区三田1-4-28、代表阪根信一氏)は、4月23日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。
     申請代理人は横山兼太郎弁護士(東京都千代田区大手町1-1-2、西村あさひ法律事務所、電話03-6250-7228)ほか4名。破産管財人は上沼紫野弁護士(東京都港区虎ノ門1-15-12、虎ノ門南法律事務所、電話03-3502-6294)。
     当社は、2011年(平成23年)2月創業、2014年(平成26年)7月に法人改組。睡眠サポート器具『ナステント』、カーボン製ゴルフシャフトなどの販売を行うほか、世界初の全自動衣類折り畳み機『laundroid』(ランドロイド)の開発を手がけ、大手企業と共同開発を開始し、2017年度の一般販売を目指していた。
     しかし、『laundroid』の研究開発の先行投資から、設立以来赤字決算が続いていたほか、技術的な問題解決のため『laundroid』の発売を延期。大手企業から追加出資を得るも、その他の企業から予定していた出資等が難航し、2018年度中の販売も再度延期する事態に陥っていた。昨年11月には、ゴルフシャフト事業を別会社に譲渡したほか、大幅減資による累損解消を行い動向が注目されるなか、今回の措置となった。
     負債は債権者約200名に対しで約22億5000万円。
     なお、子会社のセブン・ドリーマーズ・ランドロイド(株)(負債は約9億3000万円)も同日破産手続き開始決定を受けているほか、当社の手がけるlaundroid事業及びナステント事業については、現在事業譲渡の交渉を進めており、交渉がまとまるまで会社の事業は継続する意向。
    最終更新: 4/23(火) 16:15
    帝国データバンク