ここから本文です

【ゲイツとブランソンが出資、「クリーンな肉」の将来性】
2017/08/29
https://forbesjapan.com/articles/detail/17495/1/1/1
ビル・ゲイツとリチャード・ブランソンは、少なくとも2つのことについて熟知している。ある業界をいかに破壊するか、いかに利益を上げるか、ということだ。
その2人が食料の未来に革命を起こそうとする新たな業種のスタートアップ、メンフィス・ミーツ(Memphis Meats)にそろって投資をしていることが注目に値するのは、そのためだ。ゲイツとブランソンはその他の著名な投資家らとともに、サンフランシスコに拠点を置く同社に総額1700万ドル(約18億5400万円)を出資した。
メンフィス・ミーツは幹細胞から培養した牛肉、鶏肉、アヒル肉など、畜産も食肉処理も必要のない「クリーン」な肉を製造している。同社は現在までに調達した総額2200万ドルを、培養肉の製造規模の拡大や製造コストの低減に充てたい考え。従来の食肉と同程度、またはそれ以下のコストでの製造を目指している。また、従業員の新規採用も進める計画だ。
2人の富豪が目指すもの─
社会的意識が高い投資家として知られるゲイツとブランソンは、メンフィス・ミーツがもたらす破壊的なチャンスに着目していると見られる。同社は1兆ドル近い規模の世界の食肉市場で大きなシェアを獲得する可能性があるだけでなく、環境と動物、公衆衛生のいずれにとってもより望ましいものとなり得る製品を生み出している。
ブランソンはブルームバーグ・ニュースの取材に対し、「向こう30年ほどで、私たちは動物を殺す必要がなくなり、(供給される)全ての食肉は現在と同じ味を保ったまま、クリーンな肉、または植物原料の肉になるだろう。それらは同時に、私たちにとってより健康的なものになるはずだ」と述べている。
「代替食品」は新たなトレンド
メンフィス・ミーツは培養肉によって、持続可能な有機食品であり、「飼料や水、土地」への依存度が低い食肉を求める消費者のニーズに応えることを目標としている。(以下略)
【リチャード・ブランソンの4通の手紙】
https://textream.yahoo.co.jp/message/1160004548/5d1ced2234c2d51cddfec646305f9157/1/9777

ZMPとZMP関連銘柄を語る 【ゲイツとブランソンが出資、「クリーンな肉」の将来性】 2017/08/29 https://for

  • >>11664

    ⬆牛の要らないハンバーガー
    【ビル・ゲイツ特別寄稿 「未来を発明する方法」】
    MITテクノロジーレビューは年次リスト「ブレークスルー・テクノロジー10」の2019年版を発表するにあたり、初めて外部の識者に選定を依頼した。ゲスト・キュレーターのビル・ゲイツ氏が、リストを作成するにあたって考えたイノベーションの進化と、私たちがこれからどのような未来に向かうのかを寄稿してくれた。
    by Bill Gates 2019.04.23
    MITテクノロジーレビューから、「2019年版ブレークスルー・テクノロジー10」における初めてのゲスト・キューレーターの依頼を受け、大変光栄に感じた。しかし、リストを絞りこむのには、ずいぶん悩んだ。2019年に脚光を浴びるだけでなく、テクノロジーの歴史における布石となるようなものを選びたいと思ったからだ。それがきっかけとなって、イノベーションというものがこれまでどのように進化してきたかについて考えてみた。
    あらゆるものの中から、最初に思い浮かんだのは「鋤(すき)」だ。鋤はイノベーションの歴史を見事に体現している。人類は、メソポタミア文明時代に農民が先を尖らせた棒で土を耕していた紀元前4000年頃から、ずっと鋤を使い続けている。それ以来、人々は鋤を少しずついじりながら改良していき、現在の鋤は驚くべき技術革新の成果となっている。
    では、鋤の目的とは一体何なのだろうか? 鋤はより多くのものを作り出すための道具だ。つまり、より多くの種を蒔き、より多くの農作物を収穫し、より多くの食べ物を作り出すための道具だ。十分な栄養を摂取することが難しい地域では、鋤のおかげで人々がより長く生きられるようになったと言っても過言ではない。鋤は、他の多くのテクノロジーと同様、古代から現代にわたり、より多くを作り出し、作業をより効率的に実施し、より多くの人々に恩恵をもたらしてきた。
    鋤を、研究室で作り出す肉と比較してみよう。研究室で作り出す肉は、私が「2019年版ブレークスルー・テクノロジー10」に選んだものの1つだ。(以下略)
    ビル・ゲイツ氏が選んだ「2019年版ブレークスルー・テクノロジー10」はこちら。
    h
    ttps://www.technologyreview.jp/l/technology/tr10_2019/

  • >>11664

    ⬆代替食品
    【米ビヨンド・ミート、取引初日に時価総額38億ドル】
    Michael Hytha、Deena Shanker、Lydia Mulvany
    2019年5月3日 10:35 JST
    ・IPO価格の25ドルから一時192%高くなった
    ・ビル・ゲイツ氏やレオナルド・ディカプリオ氏らが出資
     ビーガン(完全菜食主義者)向けにビーフやソーセージの代替食材を製造する米ビヨンド・ミートの株価が2日、新規株式公開(IPO)後の取引初日パフォーマンスとしては米市場で今年これまでの最高を記録した。
     株価はIPO価格25ドルから一時、192%高くなった。初値が46ドルとなった同社株は、この日の取引を163%高の65.75ドルで終えた。時価総額は約38億ドル(約4200億円)。
     IPO規模が2億ドル以上となった米上場銘柄の取引初日のパフォーマンスとしては、2008年の金融危機前との比較でも最高となったほか、世界的にも今年これまで同社株を上回った新規上場銘柄は数えるほどで、そのどれもが2200万ドル以下の規模となっている。
     ビヨンド・ミートは1日、963万株の売却で市場から2億4100万ドルを集めた。出資者にはマイクロソフト共同創業者ビル・ゲイツ氏や俳優のレオナルド・ディカプリオ氏が含まれる。