ここから本文です

米中ロジック

そもそも事の発端は
中国が何やってるかわからん秘密主義的な動きしとるからやな?
fuaweiもその絡みで攻撃を受けるな
企業とネットワークの言論に関して情報をフルオープンにするだけで半分解決できるな?
まあ右も左も国営だらけやから時間はかかるな?

問題点1
言論の統制、半独裁、他国のネガキャンによるガス抜きは習自身が推進してきたことやな
ここにきて吐いたツバ飲み込めるかな?

問題点2
中国特有の文化に
「親を生かすために子を殺す」というのがあるな
今まで続いてきた伝統の重さを親に置き換えたらいいな

習は関税回避の実を取るか
今まで続いとる政治システムの維持を取るか
判断の榊原郁恵はどうなるかな?