ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 146 127
  • >>
  • 146(最新)

    res***** 4月24日 21:28

    【夜間の誤解】

    昨晩、決算に反応して安かった日本電産、東京製鉄、今日は一貫して強かった。
    東京製鉄は43円高、日本電産120円高の引けです。
    夜間は小さな世界、誤解する方が出ると、そのまま流されることがあります。
    正しい評価の目を持っていないと悔やむことになりかねません。

  • 【上がらない、動かない、どうにもならない】

    売買をしたいのに、AGC、かんぽとも上がらないし動かない、どうにもなりませんでした。
    AGCは寄り直後、3,785円、3,790円の指値が売れ、これからというところで反転。安値3,730円ですから。買い戻した3,760円は重荷に。一度も売りチャンスは巡って来ませんでした。酷い動きです。
    かんぽは2,250円で買い戻しましたが、こちらも売れそうには一度もなりませんでした。結局、一日中、することもなく、ただ忌々しく見ているだけでした。

  • 【建玉整理】

    現引きで厄介だったのはAGC。公募分と繋ぎ分は寄りで総て決済。公募の残り分はデイトレ口座に移動しました。
    2時半以降は時計を見ながら1,000株、500株、あとは細かく現引きしました。久し振りに信用建て0です。明日は早速、元に戻りですが。

  • 【空回り】

    やる気があっても、売買をバタバタやって薄利を積み上げたくても、株価が動かなければどうにもなりません。AGCは一日、そういう感じでした。
    3,760円で始まり3,780円で跳ね返され、多くの時間が3,750円前後。これでは見ているのも辛い。とにかく動かない。
    どこを売っても損切りですから、安易には売れません。今日は僅か500株の売り。
    時間をかけ脱出を試みるしかありません。明日に期待です。

  • 【今日はAGCに粘着して】

    受け渡しと言っても、かんぽは殆どやることがなさそうです。採算ラインまで200円の値幅があります。この近辺に戻りは考えられません。細々と売買をするための損切りスタートくらい。
    AGCは未だひょっとしてと微かな望みがあります。受け渡しで6日連続安はないだろうと。今日はAGCに粘着し活路を開きたいものです。

  • 【悲惨な受け渡しとなりました】

    AGCは3,760円、15円安。公募価格3,816円からは56円下になります。
    かんぽは2,204円、91円安。公募価格2,375円からは171円下と稀に見る阿鼻叫喚の状況になりました。前日にしてこの悲惨。今日は小康でも明日はと思っていましたが、実に厳しくなりました。

    明日、AGCは板の様子を見ながら売買し、半分は決済したいです。しかし、この株価では処分は難しいかも知れません。なにしろ今日の高値は前日の引け値。常にマイナス状況でした。
    受け渡し翌日の寄り値は3,935円、実に5日間陰線で、160円を下げ続けました。AGCのブランドにすっかり騙されてしまった。

    かんぽの酷さは言葉になりません。特殊詐欺の1例に加え、国民には注意を喚起すべきところではないでしょうか。今後とも公募売出しはあります。被害は最小限に留めなければいけません。

  • 【ソフトバンク、止まってしまった】

    あと40円上げてくれれば、売り始められるのですが。
    仕方なく、見切りで売った分があります。
    今週は1,400円までタッチしてくれればの期待。無理かなと思いつつ。

  • 【ヘルスケア株安は分かっていたが】

    米国で薬品株が下げていることは承知でした。しかし、医療機器関連までとは迂闊でした。安易に分かったつもりで確認をしなかった。拙いパターンです。
    医薬品を見てみると、武田、アステラス、塩野義、中外、小野、それぞれの下げがきつい。ただ、三共だけは材料が出た後だけに、高値を這っているような。
    武田の8日連続安は随分下げているとは思いましたが、米国の影響とは考えませんでした。もうそろそろと思えますが。

  • 【武田、14年ぶり8日続落】

    日経13面で伝える。
    このところ異変に気づいていたし、下げの過程で買いを検討したこともあった。監視板の薬品は武田、エーザイ、鳥居薬品。武田は4,800円を付けた後、4,300円台で買いを考えた。

    薬品ではボロになる鳥居薬品は動きが軽く、JT傘下に魅力を感じデイ銘柄です。武田を考え、それよりはやはり鳥居で、実現はなかったのですが。

    「下げの切っ掛けは米国の医療制度改革の議論。売り上げが圧迫されないとの懸念でヘルスケア株が売られた。日本でも幅広い医薬品・医療機器関連株が売られた」
    日本光電もこの一環だったか。流れが同じです。

  • 【日経平均が上げようが、下げの道を行くこれら】

    何という間の悪さ、AGCは寄り直後は小高いところがありました。見ていれば指値の修正ができたものが。何時もながら感じる、つきのなさです。帰宅してPCを覗いてからはAGC、かんぽとも下げ局面ばかり。AGCは安値引け、かんぽも似たようなものでした。

    AGCは3,810円~3,780円まで買い下がってみましたが、ひたすらジリ貧で。本当は売りたいのに。
    売りは3,830円~指値していましたが全く出来ず。高値は3,830円があったのに駄目でした。こういうのを目にすると、またドッと疲れが出ます。
    昨日110円安の日本光電、日経平均の上げに期待がありましたが、また下げです。

  • 【かんぽのスレは総悲観】

    楽観できる状況は過ぎてしまった。それでも、そうかなと思うことも。
    総悲観になるとどこまでも落ち込んでいく。3桁お待ちしますなんて書き込みも入って来る。ソフトバンクでも同じですが。

    昨日、三菱の担当者から支店には余りはなく、他の支店からの取り寄せになると言われた。2,000株で好いでしょうかと確認された時、気持が揺らいだ。1,000株でも好いですかと。しかし、ここは武士は食わねど高楊枝と、え、それでお願いしますと言ってしまった。あそこは恥を凌いで減らすべきだったかなと悔やみも。

  • 【金メダルを目指したAGCでしたが】

    今や、それどころか5位入賞で終わりそうな、残念な展開になってしまいました。
    昨日は3,860円の安値引け。ディスカウント119円の75円がなくなっています。手数料、金利を考えると残された利益は僅少。大型株でここまで消失するのは少ないケースです。しかし、これが現実であれば受け止めなければなりません。
    今日は3,860円からの売りです。指値を5円刻みで並べました。何とか、売買の回転で銅メダルまではたどり着きたいものですが、道は平坦ではありません。

  • 【ココスのS安】

    昨日、ココスがS安を付けた。夜間では更に100円安となっていた。
    一昨日、業績の下方修正、株主優待の休止、自社株買いがセットでIRされた。
    ココスは最も馴染みのファミレスです。昔は長い期間、株式を保有、株主優待券を利用させてもらった。今も、誕生日にはココスへ行き食事がお祝い。
    人件費の高騰は構造的なものになる懸念があるし、下がったからと飛びつくのはどうかと思う。減配、優待なしでは。馴染みだけに残念。

  • 【楽だったグローバル・ワンの受け渡し】

    カブコムの一般信用枠は連日外れ、配分の連絡を受けても何もできなかった。
    ところが、後場に300口近くの枠が出現、4回に分けて総て繋いだ。執念の一般枠の監視でした。その夜からも、一般枠は高倍率の抽選。枠の確保はできませんでした。あの一瞬だけでした。チャンスは。
    今日は売り1件、買い1件の成り行き注文で決済です。稀に見る楽な受け渡しとなりました。

  • 【何をしているのか】

    昨晩はAGCの売買履歴を見ながら反省をした。何をしているのか。反省は多いが生きないところに問題があるのですが。

    23日の信用建ては10日分の費用。建て分は総て解消する。そのためにも高くても安くても、AGCは売りを進める筈だった。出遅れたため売り建ては安いところの出発。そんな馬鹿なの展開で結局、買い戻してしまった。

    僅かな利益で売り建てがなくなり、しかも引け値からは下手な買い戻しをせず繋いでおけばの後悔。
    今日も安いところは数量僅かで、売りをスタートさせることにしています。

  • 【天網さんが泣きつかれて買ったそうです】

    幹事証券2社から合わせて34,700株、8,240万円だそうです。
    受け渡しの想定が2,300円として、260万+手数料の損と計算している。
    セット配分の旭硝子とIPO株で埋め合わせしたいと考えているらしい。

    こういう方にAGCは流れたのだろうと思う。貸しを作ったのだからIPOの期待もあるだろうし。零細で何も期待できない身は実に辛い。
    かんぽとAGCとセットにすれば良かったのかも知れません。
    取り敢えず、追加で入れた資金は全部引き出しをしました。三菱の配分は以前とまるで変ってしまった。

  • 【公募・かんぽ生命の購入】

    SBI以外は見送り方針でしたが、4%ディスカウントなら協力となりました。
    三菱に確認すると余りはなしということでキャンセルが出たら、最大2,000株までの協力ということに。
    みずほは余りがあり、3,000株購入、キャンセルがあったら少々上乗せ可能としました。

    12時前に三菱から連絡があり、2,000株を購入。こうなると、みずほのキャンセル上乗せ分が出て来ると少しきつい。この分はお断り、2社で5,000株としました。
    SBIは当選300株、補欠700株の購入申し込みをしたら1,000株の当選となりました。え、まるまるなの!。

    ザラ場で買った2,418円、2,405円分は持越しとなりました。初日にこの体たらく、厳しい展開。これは完全な見込み違いです。
    株価の動きが全く良くない。公募割れあるかの指値もしています。公募の6,000株買い、吉と出て欲しいところですが、期待は萎みつつあります。

  • 【期待は裏切られる、AGC】

    AGCは三菱から声がかかった案件。主幹事だし、圧倒的な引受けであり期待は膨らむばかりだった。かんぽの勧誘時、満額はないですよと言われたが、三菱の13,000株、みずほの3,000株を予定した。ところがとんでもない、ずっこけも好いところの配分となってしまった。
    事前売買の損失リベンジなど夢のまた夢と化してしまいました。

    三菱   2,700株(20,000株)
    みずほ  2,500株(6,000株)

    昨日、75円高しており繋ぎを早めないといけない、という意識はありました。ところが三菱は会議中、みずほは他の電話に出ており、結局、出遅れ。株価は直ぐ下降で、殆ど繋げなかった。それにしても、70円安まで下げるとは、口あんぐり。公募はどれもこれも高く売ることばかり考えている。売ってしまえば、知らんぷりだし。昨日は強かったのではなく、いかに高く売りつけるか吊上げただけ。
    売主、主幹事にも規制をして欲しいものです。

  • 【かんぽ、SBI抽選結果】

    1,000株申し込み、当選300株、補欠当選700株でした。
    丁度良い当選数ですが、みずほから連絡がありましたので、AGCの配分結果で三菱、みずほに相談してみる予定です。その結果でSBIも考えます。

  • 【早速、みずほから】

    かんぽ生命の勧誘がありました。ディスカウントが大きくなり有利ですがと。
    AGCのやられがあり、こちらを目一杯欲しい。AGCの残りで買うと言うとAGCが減らされそうで。それで、AGCに賭けますとお断り。
    明日、配分結果により考えないではありませんが。

  • <<
  • 146 127
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順