ここから本文です

>>20462

鮎の友釣りさん、おはようございます。

天馬は事業内容が急に大きく伸びる内容とは考えにくいものの、季節的要因や期末に売り上げが上がる業態でもないでしょう。

では、通期に対する第一四半期の進捗率を見ていきましょう。

売り上げ 営業利益 経常利益 
24.74% 31.85% 29.24%

第一四半期の結果から読み取れることは、売り上げの進捗率は四半期で25%が平均ですので季節要因はないということがわかります。
本業の儲けを示すのは営業利益ですが、これが31.85%ということは事業が順調に推移していると考えることが出来ます。内需関連で樹脂製品、つまり原料は石油ですから円高と原油安メリットが発生していると考えることが出来ますね。

経常利益は上期計画の17億円に対する進捗率は77.4%に達して5年平均の65.6%も上回って推移しています。

現在PER10.5倍、PBR0.54倍と割安で放置されていますので、もし増額修正となった場合は大幅高も考えられると思いますよ。