IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>15066

kbさん

返信ありがとうございます。
今後の進捗を見守っていきたいと思います。

少し脱線して恐縮ですが、以前
  「"統計的に有意差なし"もうやめにしませんか」

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/26/news112.html

を読んで僕なりに納得したのですが、
如何お考えになりますか?

もし、お時間都合つきましたら
ご一読、ご教授いただければ幸甚です。。。<m(__)m>

  • >>15067

    ノラ様

    個人的な意見としては、有意差とかP値は、一つの基準に過ぎないので、「有意差なし」というだけで治験が全否定されるのは無意味だと思っています。
    P値の基準を0.05としたりするのも、慣習であって、理論的な根拠は何もありません。0.051はダメで、0.049はOKとかいうのはあまり意味がなさそうです。0.05は、単に「めったに起きないことが起きている」ことの目安としているだけです。
    P値のほかに「効果量」なども含めて、総合的に判断する必要があるのだろうと思います。