ここから本文です

優勝が懸かっているとはいえ、モンゴル人による横綱同士の結びの一番に、あれ程
盛り上がる事については 少しだけ違和感も残った。

あそこに割って入る 日本人力士の台頭を祈るばかり・・・🍻 (^_^)

そうは言っても、鶴竜の優勝には拍手を送るばかりだ。