IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ーー自分の覚書ーー

【プロスペクト理論】
プロスペクト理論(Prospect Theory)とは、不確実性下での意思決定を行う際に、人間本来の認知バイアスを取り入れた意思決定モデルである。プロスペクト理論は期待効用原理では説明できない意思決定を説明できる理論であり、KahnemanとTverskyによって1979年に提唱された。

プロスペクト理論での意思決定は、価値関数と確率加重関数にしたがって行われる。これは期待効用原理において、ある状態が生じたときの効用とその発生確率をかけることによって期待効用を求め、それを最大化するような意思決定を行うことと同じであり、価値関数が期待効用原理における効用、確率加重関数が発生確率に対応している。期待効用原理との違いは、損失回避の傾向や参照点によって損得が分かれるといった判断傾向を価値関数によってとらえている点や主観的な確率の影響を確率加重関数によって考えている点である。

【参照点】
参照点(Reference Point)とは、プロスペクト理論において利得と損失の判断を分ける基準点である。意思決定者は参照点からの変化によって、損得を判断する。意思決定者は参照点よりも高い利得を獲得するときにはリスク回避的になり、損失を被るときにはリスク愛好的となる。投資に関する研究では、購入時点の株価や現在の一株あたり配当が参照点と考えられている。

参照点の例として、以下のような2つの質問を考える
① 単に10万円もらえる。
② 20万円もらえると約束されたが、そのすぐ後に10万円に減額された。
この質問は①も②も最終的にもらえる金額は10万円であるが、①はうれしく感じ、②は悲しく感じる、あるいは①よりもうれしくないと感じる人が少なくない。これは①は0円が参照点であったのに対して、②は20万円が参照点となっていることから、同じ10万円という獲得金額でも①では得をしたと感じ、②では損をしたと感じるように基準点によって感じ方が異なるためである。

平野氏によると来週は16日(金)には中国の指数が出て、その前の13日(火)の3月マネーストックが急所。って書かれている。

又、今日の朝の日経ではJREITの回復はコロナ前の2019年より日経平均に比べ7割と出遅れていると書いて有った。


7割ならまだ上値余地が有るということだ(笑