IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>120

>海援隊の前身「亀山社中」というのは薩摩藩という大企業の子会社みたいな物だ
というイメージです。
>龍馬はそのCEOで、ただし赤字企業だったと聞いてます。
薩長連合の成立はその頃の話ですね。

そうそう。

私も龍馬の貿易会社は薩摩の子会社的な感じと思っていました。

だから元々は薩摩の命令で動く貿易商なのに
龍馬主導はおかしいと思っていたんですけど。

先ほども書きましたように長州主導で討幕するには無理が有ったので
仲介役が必要だった。

  • >>122

    > 私も龍馬の貿易会社は薩摩の子会社的な感じと思っていました。
    >
    > だから元々は薩摩の命令で動く貿易商なのに
    > 龍馬主導はおかしいと思っていたんですけど。

    薩摩は小松帯刀主導で西洋の船を買ってました。
    その頃勝海舟の海軍塾が閉鎖になったので、塾生たちの引き受けを海舟が
    薩摩に頼んだ。操船技術を持つ人材が欲しかった薩摩としては
    ウィン・ウィンの話だった、ということだと思います。
    結果として政治工作に龍馬を使えたのは、副産物かもしれませんね。

    先の「武器・米バーター取引」の件では、こんな記事を見つけました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    1865年7月21日。長崎の薩摩藩邸に居た帯刀のもとに、
    亀山社中の近藤長次郎に伴われ、長州の伊藤俊輔と井上聞多がやってきます。
    用件は、「薩摩名義で武器や艦船を買いたい」というもの。
    長州は、幕府の目が厳しい長崎で武器の調達がままならなかったのです。
    一方、帯刀は、長州から「米」を贈ってもらうことを条件に、
    この申し出を引き受けます。
    龍馬を仲立ちとして薩摩と長州の関係が深まって行くのです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    BSTBSの歴史番組のサイトからです。(「Theナンバー2」)

    近藤長次郎は龍馬の代理人なので、この件に龍馬が関わってたのは間違いない
    と思います。司馬文学ではこれが「龍馬の構想」になるわけですね。