ここから本文です

トルコ・インドネシア投信撤退  投資



下落が止まらないトルコの投信を損切ります、パフォーマンスの悪いインノネシア型も
撤退。
投信は長期で見なければなりませんが、コストパフォーマンス考慮しました。
新興国型の投信も+に浮上してきていますので、新興国への投資がダメだとは
思っていません。
ポジション調整に近いです。



これまで、指数が調整に入った場合、ゲーム関連に来て、そしてその場合
最大のパフォーマンスになるようにポジションを組んできました。
gumiのおかげで、おかしくなりかけましたが今のことろ、運良く読みどおりの
展開となりました。


当然、次を見ています。

インバウンドは、調整終了まで少し時間がかかるでしょうし、内需、食品、薬品も
まだ調整不測、となると?

バイオの芽も少し意識しています。



まー読みきれないので短期資金はまだ様子見ですね、空売りで多少
お茶を濁す程度です。