IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>7066

詳しい解説ありがとうございます。

ウェブ投票が『有償』オプションならDX推進の立場であっても、
やらなくても良いかな?
ウェブ投票は、返信ハガキの料金別収納代、手集計の人件費が削除されるので、
安くならないとオカシイ。
サイトは一度作れば使いまわし、株主データとリンクさせれば良いだけなので
ランニングコストは殆どかからない。
そんなモノに『有償』だとか言い出すよう証券代行部なら、無駄金払う
必要は無い!
DXは利便性もそうだけど、無駄なコストを減らすのが目的なんだから、
無駄なコストが、かかるようなら、やる必要はないかな?

  • >>7070

    ウエブ分は加算されるけど、議決権行使書分はご指摘の分は減算される関係にあり、トータルでは安くなりそうなイメージでいます(個人の単なるイメージです)。

    個人的な推測ですけど、ライザップはもう一つ先を考えている気がします。自前のウエブ版議決権行使システムとか。

    現在も、例えばウィルズのように。
    ウィルズは、従来の議決権行使書と証券代行部のウエブ行使の他に、自社のプレミアムクラブのシステムを利用したウエブ行使の3方法を併用しています。

    ライザップのことだから、ウィルズのプレミアムクラブシステムのような自前の議決権行使システムを開発しないかな~とね。
    で、それをグループ会社全社で利用し、可能なら世間一般にも販売するとか。

    考えすぎor期待しすぎかな?