IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>7063

言えるはずですよ。
各証券代行部のメニューによって料金も違いますし。もちろん、当該証券代行部に存在しないメニューだと依頼しようもないですが。

うちは◯◯円ですって乗り換えの営業が来ることもあったし。メインバンク系列の証券代行部から別の証券代行部に変えるのは勇気がいるけど。って、友人のある上場会社社長が言ってました。


>議決権の票の集計は、主に証券代行部のある信託(一部例外ありますが)の
>専門の外注(昨年の東芝の一件で理解しました。)ですよね?
>ウエブ行使に会社が直接何か言えるのでしょうか?

  • >>7066

    詳しい解説ありがとうございます。

    ウェブ投票が『有償』オプションならDX推進の立場であっても、
    やらなくても良いかな?
    ウェブ投票は、返信ハガキの料金別収納代、手集計の人件費が削除されるので、
    安くならないとオカシイ。
    サイトは一度作れば使いまわし、株主データとリンクさせれば良いだけなので
    ランニングコストは殆どかからない。
    そんなモノに『有償』だとか言い出すよう証券代行部なら、無駄金払う
    必要は無い!
    DXは利便性もそうだけど、無駄なコストを減らすのが目的なんだから、
    無駄なコストが、かかるようなら、やる必要はないかな?

  • >>7066

    pheさん

    > 各証券代行部のメニューによって料金も違いますし。

    前回このように書きましたが、アラカルトのように豊富にあるわけではないです。
    実際上は、各信託銀行のメニューに「格別の違いはない」ので、価格競争になったりする嫌いもあるようです。

    先日書いたある社長は「格別の違いはない」と考えたので、価格の安い信託銀行に変更したそうです。
    でも、その場にいた別の会社の取締役(この取締役と先ほどの社長と私とは旧友で、私用で会食しただけ)は、「先年ある信託銀行に変更したんだけど、ここの●●は役に立つ。」「こういう分析は当社には有益だ。前の信託銀行にはなかったことだ。」とも言っていました(詳述できませんが、聞いて確かにそれはその会社には有益だと感じました)。

    ということで、実際上は各社に大きな違いはないけれど、企業によってはちょっとした差異に魅力を感じることもあるということのようです。