IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ソニーは28日、電気自動車(EV)の試作車「VISION-S(ビジョンS)」を国内で一般向けに初めて公開した。同社のセンサーを搭載し、車内外の状況を把握して運転に役立てられる。国内では年内にも公道での実験を始めたい考えだ。

ソニーは2020年1月にデジタル技術見本市「CES」で初めてビジョンSを公開した。犬型ロボット「aibo(アイボ)」を手掛けたチームが開発。車内にはディスプレーを搭載し、映画などのエンターテインメントを楽しめる。20年12月からオーストリアの公道での走行実験に乗り出している。この日は東京・世田谷で国内外のEVを展示するイベントの一環として披露した。

自動車業界では米アップルが投入を検討しているとされる「アップルカー」など異業種参入が注目されているが、ソニーは車両の販売や量産は予定していない。