IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

アメリカ株ですが、昨日はようやく反発に転じました。
エヌビディアも200ドル割れから200ドル台後半に戻ってきました。
まだ雇用統計等の発表が控えており、予断を許さない状況が続いています。
一方日本株は、岸田首相ショックや内外の株価を引きずる問題の影響を受けて、引けにかけて売られ、TOPIXはマイナス圏での引けとなりました。
明日からの反騰を期待したいです。

そのような中、仮想通貨はビットコインが大幅高で53900ドル台での取引になっています。
仮想通貨の動きからは目が離せませんが、暴落したところを何回かに分けて拾っていくしかないのかもしれません。
上方向に動いているのならこれから60000ドルを超える動きになるだろうし、調整の中での上下なら、これから再び50000ドルを割り込んでいく相場になるはずです。
私は、日柄整理の時間軸を重視しているので、もう少し調整には時間がかかると思っています。