ここから本文です

カリフォルニアで大規模火災 非常事態宣言で10万人に避難命令
2019年10月12日 12時48分

アメリカ西部カリフォルニア州で複数の場所で発生した山火事が乾燥や強風などによって住宅地などに燃え広がり、これまでに1人が死亡しました。州は非常事態を宣言し、10万人近くに避難を呼びかけています。

カリフォルニア州では、今月10日からロサンゼルス北部やロサンゼルスから東におよそ110キロ離れた場所など複数の場所で発生した山火事が乾燥や強風などで住宅地など広い範囲に広がっています。

消防によりますと、このうちロサンゼルス北部の山火事では11日午後5時の時点で焼失面積が3000ヘクタール以上に上り、現地のメディアは1人が死亡したと伝えています。

このため、カリフォルニア州はロサンゼルスと近郊の都市を対象に非常事態を宣言し、現在、10万人近くの住民に避難命令が出されています。

消防はヘリコプターで上空から繰り返し水をまいているほか、1000人近くの消防隊員を現場に派遣して消火活動に当たっています。

NHK