ここから本文です

将来、必ず起きそうなことから業績が
上がる株、または買われる動機につながる
株を自分で探すことは、株の正道だと思う。

チマチマと銘柄分析だけでは、現実的過ぎ
て夢がない。
自分で推理して、予測が当たった時は嬉し
い。これぞ株の醍醐味だと思う。

誰でも、その人なりの確実があるはず。
自分の場合、建設関係に従事しているので
分かるけど建設現場には、東南アジア系の
人が多い。いくらAI 化が進んで2030年の
日本では50%の人の仕事が無くなっていく
といっても、高齢化の進んだ日本では
AI 化の難しい建設や介護の分野で
東南アジアの人の手を借りなければ
ならないと思う。

とすると
大挙して若い人が、東南アジアから日本に
来る。
家族への仕送り等、母国への送金手段は?
それと東南アジアの大国、インドネシアと
マレーシアはイスラム教。
イスラム教と言えば、イスラム金融。
イスラム金融と言えば、近年拡大著しい。
イスラム金融は、金の現物を裏付けとする
仮想通貨を始めている。

仮想通貨は価値が乱高下して安定しないのが
普及への難点だったけどある程度、安定しだ
すと仮想通貨の普及に弾みがつきそう。
これから仮想通貨を法制化しようとする国も
イスラム金融に習うかも。

ということは
仮想通貨の発行ごとに、金も保有される。
ということは
金価格が騰がる可能性が大きい。
イスラム金融だけでも需要は相当なもの。
金等の現物と仮想通貨が将来有望かも。