ここから本文です

どの掲示板でも見かけるけど、若くして
よく勉強している人に限って多く見かける
のが、銘柄を真面目に調べて、凄く将来性
があって、まだ割安と思える銘柄を見つけた
場合、その株が騰がるまでの時間が待てない。
また、自分の読みが信じられなくて早々と
売ってしまうこと。

だいたい、その後はお決まりのケ―ス。

その株は全く日の目を見ない期間を経た後
突如目を覚ましたかのように暴騰。
先見の明があった人はすでにその株を手放し
た後。暴騰のきっかけを見てから買った全く
株の分析をしていないイナゴ浪人衆が、
その利益を持っていく…。(経験者は語る)

今まで何回も悔しい思いをしますた(泣)。
しかし、今のヤマシナホルダー諸氏や
自分も含め、先走り気味に株をやる人は
株の世界で損をするタイプか?

決してそうではないと思う。
大きな利益を逃す場合もあるけれども、
後追いではないので損をする確率は少ない。
つまり、どんな時も安値で買う場合が多い
ので、結果的に安全に儲かっているはず。

株に通信簿があるとすれば、先走り気味に
株をする人の成績は常に3以上ではないかと。