<重要なお知らせ>掲示板の利用規約について
この度、Yahoo!ファイナンス掲示板の利用規約を改訂いたしましたのでお知らせいたします。
主な修正点として、各禁止事項における詳細説明及び禁止投稿例を追加しました。
規約はこちら→【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について

【改めてご確認ください】
 ・他人の個人情報にくわえ、投稿者自身の個人情報も削除対象です。
 ・無関係な画像や漫画・アニメなど他人の著作物だと判断される画像は削除対象です。
 ・同様の画像がプロフィールで使用されている場合は、初期化対象です。
ここから本文です
投稿一覧に戻る

やさしい株の談話室の掲示板

>>3064

日本は、三苫と伊東純也を除き、現在のベストメンバーを組んできました。
欧州の各クラブがオリンピックに選手を出すことを渋るので、
今回は久保、堂安、富安といった主力選手をここに集めたといった感じです。

最近、アジアのレベルが上がって楽には勝てないようになったとは言うものの
シリアとではやはり格段のレベル差がありました。
1点目も2点目も、欧州相手だったらあんな取り方はできないでしょう。
1点目の上田のヘディングは、走りこんできたのではなく、その場でのジャンプで
身長の高い欧州相手では無理だったでしょう。
2点目の堂安は、ハスで崩したのではなく、対峙した相手DFをドリブルで
抜いてのシュートで、あんな抜き方をされる相手のDFのレベルが低すぎます。
以前、中東のオマーンだったかバーレーンだったかとやった時に、このような
抜き方をされて失点した時、「メッシだったらともかく、中東相手にこんな
採られ方をするなんて、何て日本のDFのレベルは低いんだ!!」と
TVに怒鳴ったことを思い出しました。
この2点のような採り方は、WCではまずできないと思います。

4点目のPKを誘った相馬のドリブル突破は見事です。
途中投入されて、疲れた相手DFを強引に突破するという自分の役割を自覚しています。
(だから、そのご褒美としてPKを蹴らせてもらえたのでしょう。)
5点目の南野のループシュートは、競ってこぼれたボールをペナルティアリア
まで運んでのもので、これも日本らしい粘りからの採り方です。
シュートもコーナーを狙って、GKが届かないよう外側から巻き込んでいます。
この2点は評価できます。

日本も、GK大迫のチョンボで危ない場面はありましたが、
全体的には勝つべくして買った試合であり、あまり今後の参考には
ならないでしょう。
評価すべきは、この2次予選6試合で、失点が0だったことです。

これでやっと2次予選終了で、9月からようやく最終予選なので
まだ先は長いですな。