IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

iPS実用化、追う日本企業 豪州企業が先行

日本発の再生医療技術「iPS細胞」の実用化を巡り世界中の企業を巻き込む競争が激化している。目の難病治療の基礎研究などは国内でも進む一方、製品化ではオーストラリア企業が先行する。大日本住友製薬や富士フイルムホールディングス(HD)も猛追するが、世界初のiPS製品で先を越される可能性は高い。関連産業が根付くのか正念場を迎えている。

「近く次に進みます」。8月、オーストラリアのバイオスタートアップ、サ…


【日本経済新聞】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35695870U8A920C1TJC000/