<重要なお知らせ>掲示板の利用規約について
この度、Yahoo!ファイナンス掲示板の利用規約を改訂いたしましたのでお知らせいたします。
主な修正点として、各禁止事項における詳細説明及び禁止投稿例を追加しました。
規約はこちら→【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について

【改めてご確認ください】
 ・他人の個人情報にくわえ、投稿者自身の個人情報も削除対象です。
 ・無関係な画像や漫画・アニメなど他人の著作物だと判断される画像は削除対象です。
 ・同様の画像がプロフィールで使用されている場合は、初期化対象です。
ここから本文です
投稿一覧に戻る

カブ・カブ・えぶりばでえの掲示板

忘れずに、経産省がリリースした 令和6年5月31日 を見返す事
半導体・デジタル産業戦略

 株式市場や証券会社は勝手にテーマを取り上げ周辺銘柄へと広げて行くが
本流から遠い所まで銘柄は展開されるの追いかけない事
あくまで各分野で国際競争力のあるトップ銘柄に絞る

 と同時に経産省が国の枠を超えてでも補助金を付ける事業はマーク
4/6/17 TSMC 4.760億円
4/7/26 キオクシア 929.3億円
4/9/30 マイクロン 464.7億円
5/10/30 マイクロン 1.670億円
6/2/06 キオクシア 1.500億円
6/2/24 TSMC 7.320億円

 これから判断できるのは、日本の将来を託しているという事
古くは 鉄は国家なりで、新日鉄を中心の鉄鋼産業、その後繊維産業の衰退の後を受けたSONYを中心とした電子部品、家電へと、そしてトヨタの自動車産業
業界の裾野は広いものの、頭でっかちの人口構成ではその先は懐疑的
人口ボーナス期に入る現地生産が利にかなっている

 商品が小さい事、基本インフラが整っていて水準以上の労働力であり
労働争議も無い、労働集約型でも無く、水資源も豊富、ベース電源も安定している
不安といえば自然災害 他国からみれば半導体事業は日本は投資しやすい
諸条件は整っていると見る
ベース電源も確保しやすい、水資源も豊富