ここから本文です

★アルビ〇ス(Arvinas Inc)は米国のバイオ薬品会社。がんをはじめとする治療困難な疾患を引き起こすタンパク質を分解し、除去するタンパク質分解剤の開発・研究を行う。特にアンドロゲン受容体およびエストロゲン受容体を含む前立腺がんや乳がんなどのがんに対して有効性のある分解薬の開発に焦点を当てる。

上記いつの間にか時価総額1,812,396千ドル(1/10)になっている。

懇親会で社長は
アメリカのたんぱく質誘導技術をもったアルビナ〇という会社は、第一相試験を通過したものが1つもないにも関わらず、既に時価総額が12億ドルに達している。
このような活動というのは、創薬業界において非常にニーズがあり、毎月どこでもプレゼンを求められている状態です。プレゼンによっては、立ち見の方がでるぐらい盛況です。
弊社の陣容についても、美しいと言えるほどの才能のある人材を当社は有しています。
研究者はすべてアメリカで教育を受けた人たちで、今後も研究を続けてくれると思っています。
来年においては、弊社の施設を使って、カルジュンの商品を製造していきたいと考えています。私たちの営業チームのほうも、既に新しい製品を販売する準備ができています。
カルジュンから出てくる新薬については、既に製造・販売できるシステムが手中にあるということを申し上げておきます。
これは、弊社の状況は、他のバイオテック企業とは異なる点です。

Collen時価総額について
ルオ社長⇒色んな条件を鑑みますと、競合であるアル〇ナスと同じ条件で新規上場を果たしたら、700億円くらいの時価総額になると思います。ただ、ア〇ビナスは研究開発をしているだけで、第一相試験を通過しているものもない中で、時価総額が12億ドルとなっています。高いほうがいいですけれども、弊社の株価が上がって、皆様がアル〇ナスの株を買いに行かれるようなことがあればいいなと思っています(笑)これは、お茶会なので冗談です。

アルビに対して上から目線のルオ社長なのね💛
懇親会で半分以上の時間でカルジェンのプレゼン!!!!
今年はカルジェンが熱くなりそうですね。

2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ ★アルビ〇ス(Arvinas Inc)は米国のバイオ薬品会社。がんをはじめとする治療困難な疾患を引き