ここから本文です

こんなニュースが出ています。
ここの皆さんには、今更ですが...
------------------------------------------------------------------------------
先読み作戦司令室=GNI:再上方修正期待、世界初の新薬の開発も推進

ジーエヌアイグループ<2160.T>に注目したい。

 アジアに患者の多い疾患をターゲットにした創薬ベンチャーで、中国、日本に経営基盤を置き、中国に自社の製薬工場を持っている。11月5日には「香港子会社による香港証券取引所への上場申請を再提出した」と発表した。

 中国で特発性肺線維症治療剤「アイスーリュイ」が好調に売上高を伸長していることから、9月6日に19年12月期業績予想を上方修正したが、11月29日に医薬品、医療機器の収益性の向上から通期連結の営業利益を11億6800万円から13億6400万円(前期比2.4倍)へ、最終損益は2億5100万円の黒字から3億8000万円の黒字(前期2億円の赤字)と2度目の上方修正をした。

 新薬開発も順調だ。アイスーリュイは中国で適応拡大の臨床試験=間質性肺疾患(臨床第3相)、放射線性肺炎(臨床は20年第3四半期末=7-9月末までに終了予定)、糖尿眉病腎炎(第2相試験の被験者登録中)を推進、じん肺治療剤への適用拡大も進める計画。

 このほか、開発中の新薬は「F351」。肝線維症が適応症で、中国では第2相臨床を完了し、臨床データ分析中で早期条件付き承認の可能性も検討。米国では第2相入りの準備中。肝線維症の確立された治療法は現在存在しないため、世界初の新薬として期待は大きい。同じように難病とされている肺、腎臓の線維症治療にも動物実験で有効であることが確認されていることも注目点だ。

 急性肝不全、慢性肝不全急性時治療薬「F573」は中国で第1相入りの準備中。急性前骨髄球白血病治療剤「タミバロテン」を中国で輸入薬として登録申請中だ。

 株価は9月3日を基準日に普通株式1株を3株に株式分割、その後、11月15日に1518円まで押してから底入れ反転。
------------------------------------------------------------------------------
♡♡♡~ GN愛 ~♡♡♡...♡