ここから本文です

湖北医工学研究所と上海Ruixing遺伝子技術株式会社は、協力協定を締結

2018年10月 31日 、上海Ruixing Gene Technology Co.、Ltd.のLuo Wei博士会長が湖北医薬品工業研究所を訪問し、医療工学研究所と協力契約を締結し、両国は国家分類1の革新的医薬品を発売する。研究開発。

Shanghai Ruixing Gene Technology Co.、Ltd.は、米国および日本の研究開発会社であるZhangjiang Hi-Tech Park、および20社以上の国際企業に研究室を有しており、留学生帰国の核となるClass 1新薬の開発に取り組んでいます。国内特許認可は、上海ハイテク企業、上海栽培特許パイロット企業、浦東新エリア企業技術開発機構として授与された。 羅偉(Luo Wei)取締役会長は、 2007年に上海市政府から「Magnolia Silver Medal」を受賞し、 2016年にアジアビジネスリーダー賞の最終候補に選ばれました。

同博士は、メディカル・アンド・デンタル・インスティテュート(Medical and Dental Institute)を代表して、両者が新薬開発の鍵を握っていることを歓迎した。結果の産業的変革には実用的な豊富な経験があります。 両国の協力は、各当事者の強みを十分に発揮し、科学的研究から成果の変革への鍵となる鎖を結びつけ、科学技術的成果の転換を促進し、イノベーション主導の開発を真に実現することができる。

羅偉博士は、医療機関の科学的研究条件、技術力、科学研究チームを確認し、双方が長期的かつ安定的な協力関係を樹立することを希望した。

すべての会社の指導者といくつかの科学研究者が会議に出席しました。

消えるので、URLは次に貼っておきます。最近掲示板見てないので、誰か載せてたらm(__)m

  • >>6966

    🎅さんいつもありがと💛

    散歩してたら「中国留学生博物館」なるもの発見。ルオ社長も紹介されてました。
    👇Google&yaku翻訳

    羅魏は、1965年7月生まれ。 1986年に米国で勉強し、Ph.D. 2001年に中国に戻ってビジネスを開始し、Shanghai Ruixing Gene Technology Co.、Ltd.の会長兼ゼネラルマネージャーに就任。

    1982年医学を研究する生物学の北京大学学部進学課程、1985年中国の北京協和医科大学へ、1986年米国に留学するためにコネチカットの大学に入り、ウイルスRNAスプライシングの研究。 1991年には、サンフランシスコ大学で生物医学の博士号を取得しました。

    1993年から2000年にかけて、シリコンバレーの多くのバイオ医薬品会社で働き、リゲル社(NASDAQ)の医薬品ターゲットのシニアマネージャーとして中国に戻りました。
    2001年、彼は中国に戻ってビジネスを開始し、Shanghai Ruixing Geneの会長兼ゼネラルマネージャーに就任しました。 2007年には、GNI企業の合併で、北京康ディーニ製薬投資株式に東京、任意のGNIグループ社長兼最高経営責任者(CEO)、2011に記載されている、彼が会長を務め、同社初の1.1クラス特発性肺線維症治療薬愛Sirui®は、食品医薬品局(State Food and Drug Administration)の上場承認を受けました。 Irisysは2015年に米国サンディエゴに投資し、GNIを国際的な製薬グループにしました。

    プロジェクトリーダーとして以上の863件のプロジェクトの報告書は、外国でなどウォールストリートジャーナル、フィナンシャル・タイムズ、ロンドン、日本の日経/ CNBCテレビ、北京テレビ、上海テレビを、35本の学術論文や業界の見直しを発表しました。

    社長のお父様も東大出身。姉様も博士。華麗なる一族ですね。名刺をもらったことがありますがビビッと来たのを思い出します。GNIにこれ以上の人材が~~。🙏