IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

昨夜、ごじらさん&カニさんのツイキャスを聴きました。
楽しいお話が多くとてもわくわくしましたょ💛
ごじらさん(カニさんも)の声が若々しくてステキって感じ(^^♪

「中国のNAFLD患者(NASHの手前)が増えて10人中3人、B型肝炎数を上回るという記事お土産にどうぞ」(ごじらさん)なので翻訳しました。

★中国人の10人に3人が脂肪肝を持っている可能性があり、肝臓癌を予防するために。 2021-03-19 08:53 ソース: サザンネット

世界の肝臓癌人口の半数以上が、すでに末期に発見されています。 中国では、肝癌の80%はB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルス感染による。

3月18日は世界肝愛の日です。 非アルコール性脂肪肝(NAFLD)の有病率は急速に増加し、慢性B型ウイルス性肝炎を上回り、中国最大の慢性肝疾患となった、と南医科大学南部病院の感染内科のディレクター、ホウ・ジンリンはインタビューで述べた。 中国人の10人に3人ほどが脂肪肝と診断される可能性がある。

さらに心配なのは、米国では、非アルコール性脂肪性肝疾患が肝癌の主要な原因になりつつあることである。 脂肪肝患者の肝癌の年間増加率は約9%であり、B型肝炎およびC型肝炎患者よりも生存期間が低い。
途中略~
ホウ・ジンリンは、脂肪肝は初期に可逆的であり、無視は脂肪性肝炎、肝線維症、肝硬変、または肝癌への直接進行にも発展する可能性がある、と語った。 脂肪肝の予防と治療に注意を払うだけでなく、摂取量を制御し、食事構造を改善し、運動を増やし、合理的な体重を維持し、定期的に行動し、必要に応じて薬物治療を適用するだけでなく、定期的な肝癌スクリーニングに注意を払う必要があります。 「脂肪性肝炎関連肝線維症または肝硬変の患者では、専門家は6ヶ月ごとに肝癌のスクリーニングを推奨しています。

さぁ~いよいよF351の出番ですね(^^♪