IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

呼吸器疾患専門家・鍾南山氏「冬から春にかけて新型コロナ感染続く可能性」
人民網日本語版 2020年09月19日15:00

北京で開催されている中関村フォーラム・世界科学・生命健康フォーラムで18日、中国工程院の鍾南山院士が、「今年の冬から来年の春にかけて、新型コロナウイルス感染が拡大する可能性がある」との見方を示した。

鍾院士は、「今年の冬から来年の春にかけて、感染拡大を抑制するというのが、鍵となる対策となる。マスク着用、手洗い励行がとても重要になる。今年の冬から来年の春にかけて新型コロナウイルス感染は続くと見られ、局地的に爆発的に拡大する可能性も大きい。全面的にPCR検査を実施し、密接なモニタリングを実施すれば、効果的に抑制できると信じている。周知の通り、無症状患者の感染力も強いため、そうする必要がある」と指摘した。(編集KN)

鍾南山氏はアイスーリュイの3相免除を進言した専門家。アイスのコロナ治験結果は別にして、この冬も肺疾患治療薬アイスが注目されることになればと思います。

2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ 呼吸器疾患専門家・鍾南山氏「冬から春にかけて新型コロナ感染続く可能性」 人民網日本語版 2020年0