IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

思いつきの域を出ないですが、提携・上場とキャッシュリッチになって、
その使いみちはどうなんでしょう。資金需要は、アイスーの適応拡大、F351の製造販売体制の整備、Cullgen。

期待したいのは、F351の適応拡大のための幅広い治験入りです。

今回の成功で、ポストピルフェニドンの実現性が高まるはずです。

どこまで本気なのか分からないアイスーの適応拡大から、一挙にF351への乗り換えが始まるのではないかと、願望を込めて、愚考するところであります。

  • >>12119

    F351が対象とする病気について

    8月の日本のIRでは治療薬として、
    「肝線維症への治療薬の可能性のみならず、他の臓 器での線維症化の分子メカニズムにも応用できる可能性、、」と書かれています。

    一方、中国の医学ニュースでは、ジーエヌアイのIRを引用しながら治療する病気が
    「肝線維症と慢性腎臓病(特に糖尿病)によって引き起こされる腎線維症を治療する」とはっきり書かれています。

    もし、この9月から10月の今後の戦略的方向性で、
    F351を慢性腎臓病(特に糖尿病)の治療薬として開発することが、ジーエヌアイから正式に発表されたら、
    世界の製薬メーカーには大きなインパクトになると思います!

    ・・二つの比較・・

    1)ジーエヌアイのIR 2020/8/17

    F351の第2相臨床試験の完了報告ならびに良好な試験結果の概要について
    、、

    ルオは「、、肝線維症への治療薬の可能性のみならず、他の臓 器での線維症化の分子メカニズムにも応用できる可能性が示されているものと考えられ ます。」とコメント、、


    当社としては、この結果を踏まえ、中国市場での上市ならびに米国、日本における可 能性の検討について、2020年9月下旬から10月上旬をめどにその戦略的な方向性につい てお示しできるように努めてまいります。
    、、

    F351(一般名:ヒドロニドン)について F351は、アイスーリュイの誘導体である新規開発化合物であり、肝星細胞の増殖及び内臓の線維化に重要な役割を果たすTGF-β伝達経路の両方の阻害剤です、、


    2)一方、中国の医学ニュース(新浪医药新 2020-08-18)では、

    B型肝炎関連肝線維症の治療におけるGNIグループF351(ヒドロキシニドン)中国第II相試験の成功

    、、
    GNIグループは、9月末または10月初旬に中国市場でのF351の戦略的方向性と、米国と日本の市場へのさらなる対策を発表する予定です。

    F351は、新しい化学実体Etuaryに由来®肝星細胞の増殖およびTGF-βシグナル伝達経路を阻害することができる、(ピルフェニドン)。
    これら二つの経路が内臓の線維症において重要な役割を果たしています。

    F351は主に、アルコール、薬物、肥満またはウイルスによって引き起こされる肝線維症と慢性腎臓病(特に糖尿病)によって引き起こされる腎線維症を治療するために開発されました、、

    h◯ttps://med.sina.cn/article_detail_100_2_87551.html


    ⭐️線維化の治療は、F351にすべてお任せを!?

    2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ F351が対象とする病気について  8月の日本のIRでは治療薬として、 「肝線維症への治療薬の可能性