IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

〔米株式〕NYダウ続落、一時500ドル超安=地区連銀総裁発言を嫌気(18日午前)

 【ニューヨーク時事】週末18日午前のニューヨーク株式相場は、米地区連銀総裁の利上げに前向きな発言を受けて早期の金融緩和縮小への警戒感が強まり、大幅続落している。優良株で構成するダウ工業株30種平均の前日終値比での下げ幅は500ドルを超えた。午前10時半現在は、優良株で構成するダウ工業株30種平均が前日終値比511.45ドル安の3万3312.00ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は100.97ポイント安の1万4060.38。
 米セントルイス連邦準備銀行のブラード総裁は18日、米CNBCテレビのインタビューで、「2022年終盤」の利上げ開始を予想していると明らかにした。同総裁は、「想定していたよりも高いインフレだ。インフレ圧力を抑えるため、さらに少しタカ派に傾いたのは自然なことだと思う」と述べた。これを受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)が市場が想定していたよりも早期に量的緩和の縮小を開始するとの観測が改めて強まり、米株が売られた。
 個別銘柄では、前日に続きバンク・オブ・アメリカやゴールドマン・サックスの大手金融銘柄やエクソンモービルなどのエネルギー関連銘柄の売りがきつい。バイオジェンは投資判断の引き上げを受けて買われている。アドビは3~5月期決算で1株当たり利益、売上高ともに市場予想を上回ったことから買われている。