IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

米金融当局は9月にテーパリング発表、11月に開始へ-バークレイズ

(ブルームバーグ): バークレイズのエコノミストは、米金融当局が9月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で債券購入のテーパリング(段階的縮小)を正式に発表し、月間1200億ドル(約13兆2500億円)の買い入れペースの減速を11月に開始する軌道に乗っているとの見方を示した。FOMCが16日、利上げ開始時期の想定を前倒しするタカ派的サプライズを与えたことを受けた見解だとしている。

バークレイズの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・ゲーペン氏は同僚のジョナサン・ミラー氏と執筆したリポートで、「FOMC声明で2つの点が、われわれの目にタカ派と映った」と指摘。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴うリスクが低下したとの認識を強調したこと、および雇用の伸び鈍化への言及がなかったことの2点を挙げた。

同社は声明の文言変更と金利予測分布図(ドット・プロット)の変化を受け、金融当局によるテーパリング発表時期の予想を9月(従来予想は11月)に、実際の資産購入ペース減速開始を11月(従来予想は来年1月)にそれぞれ前倒ししたと説明した。

原題:Fed to Announce Taper in September, Begin in November: Barclays(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.