IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

生涯慵立身 騰騰任天真
嚢中三升米 炉辺一束薪
誰問迷悟跡 何知名利塵
夜雨草庵裡 双脚等閑伸

わたしの生涯は栄達を望まず、気ままにあるがままに生きてきた。
嚢(ふくろ)の中には米が三升、炉辺には一束の薪があるっきり。
迷いとか悟りとかは通り越し、是非とか利得とかは与り知らぬ。
雨降る夜は草庵のなか、二つの足をのびのび伸ばして眠るだけだ。

 なんて簡素な生き方なんだろうか、なんて超然とした生き方なんだろうか