IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

静岡市 新たに感染確認 新型コロナ対応の病床がすべて埋まる

静岡市は、静岡赤十字病院の20代の女性医師が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。静岡県内の感染確認は13人となりましたが、静岡市内では新型コロナウイルスに対応できる病床がすべて埋まり、市は対応を検討することにしています。

静岡市によりますと、新たに感染が確認されたのは葵区の静岡赤十字病院に所属する20代の医師の女性です。

この医師は2年間の臨床研修をへて、1日から正式に病院に採用されるにあたって先月31日受けた院内の簡易検査で感染の疑いがわかったことから、保健所の検査を受けたところ、1日感染が確認されました。症状は特に出ていないということですが、医師は1日から市内の感染症指定医療機関に入院するということです。

医師は先月24日に東京で会食をしたあと、25日から27日、そして29日の合わせて4日間、研修医として静岡赤十字病院の救急科でマスクを着けて診療にあたっていたということです。

静岡市保健所の加治正行所長は「医師にせきなどの症状はなく、院内感染が生じる可能性はほとんどないと考えられる」と説明しています。

静岡県内で感染が確認されたのは13人となりました。静岡市はこれによって新型コロナウイルスに対応できる病床がすべて埋まったとしていて、今後、感染者が出た場合の入院先の確保について検討することにしています。