ここから本文です

>>12971

■生き残れるのは一握りの天才だけ

――AIは投資の現場でどんな形で存在感を高めていくと思いますか。

「いずれはアクティブ運用のファンドマネジャーの多くがAIに置き換わるだろう。様々な情報を読み込んで判断し、アウトプットして取引に生かす流れは人も機械も同じ。それなら、AIのニューロン(神経細胞)の速度のほうが人間を上回っているし、システム上で膨大なデータ分析も瞬時にできる」

「市場の合理化が進むなかでαが縮小し、戦略面ではAIを使っても使わなくても大差ない。だがかかるコストはだいぶ違う。ファンドマネジャーを雇って高い人件費をかけるより、最低限の電気代やメンテナンス費用で済ませられるAIを使うほうが合理的だ」

「今後、アクティブ運用で残っていくのは、未来の予見能力が桁外れに高い一握りの本物の天才など限られた人間だろう。悪材料だらけなのに経営者の将来性などを買って株を購入し、収益につなげるのはAIには不得手だ。だが、手持ちのデータを駆使して将来、株価が上昇しそうな銘柄を選ぶのはAIのほうが優れているはずだ」

「もちろん、人間のやっていることすべてがAIに取って代わられるとは考えていない。ほんの数十年前にIT(情報技術)の技術職などを(世の中が)想定していなかったように、我々が想像もしない職業が生まれることは確実だ。人間にしかできない、その時代に合った職業が登場するに違いないと思う」