ここから本文です

さて、ここから「本題中」の「本題!」^^

日銀のマイナス金利政策により
楽して儲けられなくなった銀行は仕事をしなければいけません。

銀行の仕事は企業にお金を貸す事。

でもその「お金を貸すはずの企業」お金沢山持ってますよね?w

消費税増税と引き換えに行なった法人税減税で
企業のキャシュフローはバブル期を越えて過去最高です。

ワザワザ利息を取られてまで銀行からお金借りないでしょw^^

つまり銀行は本来の業務を行ないたくても行なえない。

さて「困った銀行は何をするのか?」です。

日銀ではもう儲けられない。
本業をしたくても企業はお金を借りてくれない。

手元にお金はあるがこの金を増やす「投資先」がまったくない。

う~ん・・・・
あっ! そうだ「ギャンブル」をしよう!

・・・と「そうだ 京都、行こう。」的なノリで
高金利の危険なデリバティブに手を出すのですw

でっ、当然ド素人がそんな事をしたもんだから
大損こいて1800億円の巨額損失と言う訳ですw


あっ、それと日銀の「マイナス金利政策」ですが
銀行から文句言われて「ゼロ金利政策」に一時的に変更しています。

つまりこれは実質上の「金融引き締め」ですので
この影響が内閣府が出している
5月20日の1-3月期(1次速報)のGDP速報値に出てくると思いますw

ほんと何やってんだか^^;


と言う事で、今回は
「消費税増税」と「みずほFCの巨額損失」についてでした^^


PS

「みずほFC」が「金融機関コード 0001」なのは何故なのか?
それは今回新1万円札に選ばれた渋沢栄一が日本で始めて作った銀行だから。

大雑把に書くとこんな流れ。
第一国立銀行 -> 第一銀行 ->第一勧業銀行 -> みずほ銀行 -> みずほFC

ちなみにこの渋沢栄一さん徳川慶喜に付いていた幕臣の方で
明治になり「東京証券取引所」など様々な企業を作り
「資本主義の父」と呼ばれています。

と言う事で最後は私利私欲でデリバティブで大損失を出してしまった
みずほFCさんに向けて
渋沢栄一さんの言葉で締め括りたいと思います。

「私が私利私欲に走れば、三井も三菱も相手ではない」by 渋沢栄一

  • >>9845

    銀行も大変ですね。
    リーマンショック後から日本株も米国株に追随して株主還元に力を入れてきて増配株が増えてきてるので、銀行預金より配当金目当ての人も増えて来てるみたいですね。
    ただ、東京電力買ってた人は散々だったでしょうけど。
    世界的に禁煙の流れですが、高配当のたばこ産業ってどうなのでしょうか?
    JTも国内より海外がメインで流行りのM&Aで補ってますね。
    携帯会社も有利子負債の多いソフトバンク以外は、安泰って感じがしますね。
    携帯料金4割削減でも利益ありそうですし、携帯電話は生活必需品ですからね。
    5Gに期待しています。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!