IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

朝ドラ「エール」

 まだコロナの影響で、本来のドラマに進まないのかな?今日も一気に5話ぐらいの再放送だったような。コロナ前は、裕一(窪田正孝)の父親(唐沢寿明)は死んだのじゃなかったかな?あんまり見てなかったので、よくは分からないが。

 コロナで再放送するようになってからの方が、よく見るようになった。窪田君はあんまり好きではなかったので、積極的に見てなかったが、今では好きになって、続きが楽しみで毎回見ている。

 唐沢君は「トレンディドラマ」とい言われたころにはいたのかな?「白い巨塔」のような社会派ドラマも良く似合っていた。今ではもう父親役が似合うようになって、年月は過ぎたなぁと思う(笑)

 「エール」で、音ちゃんが来ているシャツや、ワンピース、母親(薬師丸ひろ子)が来ているブラウスなどを見て、懐かしい気がした。私の従姉(いとこ)は洋裁が出来たので、雑誌に載ってるブラウスやワンピースを、イヤがらずによく縫ってくれた。アッと言う間に出来上がるので、当時はミシンって何て便利と思った。

 今は商店街で売ってるような、ラフなTシャツ等を好んで、おしゃれなどとは程遠いが、「エール」に出て来た洋服を見て、ホント懐かしかった。
 
 小学5年の時、熊本の天草の人と文通をしていた。今では考えられないが、少女マンガ本に、住所や名前がよく載っていて、その中から選んだ人だった。その人がある日、岩海苔(いわのり)の乾燥したものをたくさん送ってくれた。うちは海とは全く関係のない山側に住んでいたので、珍しい海の香りに家族全員が喜んだ。「お礼にブラウスでも送っとき!」と母は私の分までお金をくれた。私はギンガムチェックのブラウスの青を彼女に、赤を私にとお揃いで買った。

 いざ送る時になって、私はどっちも欲しくなって、結局、送らなかった、母には「送ったよ!」と言ったが、母は年中忙しい人なので、ろくに見ていなくて、その後、何も言われなかったが、私は文通相手に悪くて、ン十年経った今でもチクチクするとこがある。今朝、音ちゃんがよく似たブラウスを着ていて、文通相手の名前も住所も全く覚えてないが、彼女には悪い事をしたなと、改めて申し訳なく思った。

 もうお互いに、いいおばちゃんになって、彼女はどんな人生を送って来たのかなぁと、今ではどうしょうもないと思いながらも気にしている。