IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

女優「鷲尾真知子」

 さっき「ヒルナンデス」という番組に出ていた。「あら?鷲尾さんもこんな番組に出るんや!」と思って見ていた。鷲尾さんとペアを組んだ人と、もう1組のぺアで選んだ洋服を着て、どちらがセンスがいいか競うような番組で、鷲尾さんが着た洋服組が勝った。淡いラフなおしゃれ着で鷲尾さんによく似合っていた。

 鷲尾さんは先月終わった「葵 徳川三代(2000年)」の再放送で、オープニングの水戸黄門付きの格さんをもじった役を演じていた。女が男の役はあんまり似合わないと思う。

 鷲尾さんと言ったら何と言っても「大奥」の口うるさいお目付け役が似合う。鷲尾真知子、山口香緒里、久保田磨希の奥女中トリオがおもしろい。久保田さんの「美味でございます〜」は、流行し、私も未だに、たまに言ったりしている。久保田さんは、ふくよかな体形から、本当に食いしん坊が似合って、おいしそうだった。

 もうずっと以前になるが、鷲尾さんが、京都の京極に近い寺町通りを歩いているのを見た事がある。今は亡くなっている旦那さんだったのか、男性連れだった。男性は黒の上下服に黒いキャップをかぶっていたが、そんなに背は高くなかったような。現在に近いような旦那さんの写真をネットで見たが、今は年を取っていてハッキリとは分からない。鷲尾さんが東映に撮影に来ていて、共演の男性かもしれない。出会ったのは、ちょうど山本富士子邸跡を少し南に下がった辺り。

 この辺りでは(故)園佳也子(その・かやこ)さんにも会った事がある。修学旅行のような女子高生に囲まれサインをしていた。この時も若そうな男性と2人だったが、仕事の関係者かもしれない。園さんが演じる役は本当におもしろく笑えた。芝居の上手な人だった。80歳で亡くなられたが、園さんが、もう少し後の生まれだったら、私もたくさんテレビで見られたのにと、残念で仕方ない。