ここから本文です

「六甲山(ろっこうざん)ホテル」

 ホテルの名前は関西であり知っていたが、耐震性の問題他で2017年に全面閉鎖したのを全然知らなかった。今回このホテルをリニューアルして2019年7月20日に「六甲山サイレンスリゾート」として再オープンしたとテレビで見た。

 まだオープンも何もしていない時に、このホテルの内部がテレビに映ったことがある。長い広い階段は板で蓋がされていた。その蓋が取られた時、大きな長い階段が出て来た。私はオードリヘップバーンが、高い長い階段を、赤いロングドレスに高いヒールの靴で、下も見ないで”タッタッタ”と降りて来たシーンを思い出した。

 さぁその映画のタイトルが分からない。ほとんどVHSだが、オードリの映画は全部持っている。雰囲気で「マイフェアレディ」かと思ってVHSを見たが、この映画だけは2巻に渡っていて、見るほうも根気がいる。しかしそのシーンはなかった。そしてネットで、いろいろ検索していたら「パリの恋人」に出て来そう。これかもとVHSで確かめたらこの映画だった。ファンならサッと出て来んとねぇ。ヤレヤレ~スッキリ(笑)

 神戸には同じく摩耶観光ホテル(まやかんこうホテル)があったが、こちらはすっかり廃墟になり、立ち入り禁止になっているのに、勝手に心霊スポットと言い、不法侵入が後を絶たないそう。しかしこのホテルの外観が「軍艦」に似ていて「軍艦ホテル」とも言われていたらしく、昨今「軍艦島」が有名になった事で、このホテルも、2017年に摩耶遺跡ガイドウォーク企画の中で、外観のみ見学ができるようになったそう。

 京都にも愛宕山(あたごさん)に「愛宕ホテル」があった。山頂には火の神様の愛宕神社が今もあり、その昔、神社参拝のためにもケーブルカーがあったが、先の戦争でレールが供出され、それと共にホテルも廃れた。嵐山駅から列車が通り、麓からはケーブルカーと利便性があった。今あったら何回も行くのにと残念で仕方ない。
https://haikyo.info/s/8333.html

 大阪貝塚市にある「水間(みずま)鉄道」は水間観音への参拝鉄道として作られた。女性の「関西佳子(せきにし・よしこ)」さんが社長に着いたというので、大変な話題になり、私もこの列車に乗りに行った事がある。桜の咲くころ駅構内で「桜まつり」があり、来年久しぶりに行ってみようかな。