ここから本文です

「2019年の中秋の名月 9月13日(金)」 

 テレビの寅さん(男はつらいよ)を見ていたら、若い頃の後藤久美子ちゃんと吉岡秀隆君が出ていて、吉岡君の母親役の倍賞千恵子さんが「今夜は十五夜だよ」というと、秀隆君と久美子ちゃんが2人で「自転車で見に行こう」というシーンが出て来た。

「はて?十五夜ていつ?」と、何気にネットを見たら、何とまさに今夜ではないか!思わずベランダに出たら、東の空の低い位置に、大きなひときわ明るい真ん丸の月が出ていて「ヒャ~きれい!」と思わず見とれた。

 時間が経つにつれ月は徐々に上に昇り、少しづつ小さくなっていったが、それでも明るい。何回も見に出た(笑)

 あんなに勢いのあったZOZO社長、前澤友作さんが”退任”とかニュースに出て「何があったん?」とビックリしたが、記者会見で、念願の月旅行には出かけるとのことでよかった。私的には何千億積まれても怖くて行きたくないが、前澤さんの現地からのレポは見たいと思う。「一寸先は闇」それまで誰もが生きてるかどうか分からないけど(笑)

 さて寅さんの映画、ねぼけまなこで、ほとんど見てなかったが寅さんシリーズの第48作目「男はつらいよ 寅次郎紅(くれない)の花」で、寅さんこと渥美清さんの最後の映画だとか。かなり渥美さんのガンが進行していて、体調は最悪だったとかで、渥美さん何とか頑張ったそう。もし元気なら、まだまだこのシリーズは続いていたかも。

 山田洋次監督は、切りのいい50作まで続けたいようで、49作目は「 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花〈特別篇〉 4Kデジタル修復版 【ブルーレイ】で2019年12月25日に発売されるそう。

 50作目はまた映画で50周年を記念し、「男はつらいよ お帰り 寅さん」が12月27日に公開。現在の満男(吉岡秀隆)と泉(後藤久美子)らが寅さんに思いをはせる内容で、山田監督は、「満男と泉は、思春期の頃に寅さんから大きな影響を受けた。この2人がもう1回会えば、思い起こすことも多いだろう。これに49本分ある寅さんの印象に残るカットを、つなげば不思議な映画になるのではと思った」と語った。
https://www.cinemaclassics.jp/tora-san/movie/48/

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!