ここから本文です

「ファンと握手 右手首悪化」

 X JAPANのYOSHIKIさんが、ディナーショーでファンとの触れ合いで右手首のじん帯を悪化させたとネットのニュースにあった。握手の数が半端でないし、熱狂的なファンは相手の事も考えず、力いっぱい握る。何千人の人と握手する人気者のYOSHIKIさんは痛みでたまらんでしょ。特定の人たちだけとするわけにはいかないし、有名税にしてはあまりにも苦痛(笑)

 美川憲一さんなんかは、サービス精神旺盛で握手で会場を回る。これはこれでサービスとしてファンは嬉しいものなのだが美川さんは手も強い。握手もそうだけど「ハイタッチ」も肩を大事にするスポーツ選手は気をつけないといけない。手と手がパ~ンとぶつかる衝撃は2倍の圧力がかかる。

 最近、全米女子ゴルフで優勝した渋野 日向子(しぶの・ひなこ)さんが、ハイタッチは子供としかしないと言っていた。まず自分の肩がしっかりしていないと優勝なんて程遠い。この決意は偉いなぁと思う。

 かつて田中真紀子さんが選挙カーで回っている時、握手攻めで右手の指2本に初めから包帯を巻いていた。有権者の応援には握手は必要だし苦肉の策かもしれない。

●YOSHIKI、ファンと触れ合い右手首の状態悪化 ドクターストップも公演続行
オリコン8/11(日)

 X JAPANのYOSHIKIがディナーショーでのファンとの触れ合いで右手首のじん帯の状態を悪化させたことが11日、発表された。11日のブレックファストショー開始前には「強く握ったり、叩いたりする行為は控えてほしい」との極めて異例の場内アナウンスも行われた。 運営のウドー音楽事務所によると、ボン・ジョヴィの日本公演でも同様の事態になったことがあるという。YOSHIKIは激しい痛みが続いているというが、 医師の指導のもと、 現在ショーを継続している。

 全12公演がソールドアウトしている公演は9日に開幕。現在4公演目を迎えたばかり。その中で、感謝の気持ちを表すために少しでもファンと触れ合えるようにと、YOSHIKIからの提案で、ドラムソロ後に客席を歩いたり、1人でも多くのファンから直接プレゼントを受け取ることができるようにしていた。しかし、カーテンコールで登場した際、押し寄せてきたファン達に何度か手を強く握られ、右手首と左手の親指をねんざしたという。