ここから本文です

「蒟蒻(コンニャク)」

 「コンニャク」って、おもしろい食べもんやなぁといつも思う。糸コンニャクをすき焼きに入れるぐらいしか用が無い。すき焼きはほとんど食べないので、コンニャクを年に1度も食べたことがない年もあるかも。たまにコンビニの弁当に少しは入っているのかな?

 2カ月前に職場の人に「ものすご~おいしいコンニャクがあるし食べて」と黒い糸コンニャクを1袋もらった。1袋と言っても普通のコンニャクの2倍はある量。私は2回にして食べたが、とっても美味しい。普通コンニャクって、たいがい水っぽいが、これはコンニャク自身に味が付いているような感じ。店でしか売ってないようで、量り売りのような普通の透明の袋に入っている。

 糸コンニャクの1本がものすごく長いので、炊きあがってから調理用ハサミで切りながら食べた。今日、西村晃(にしむら・こう)さんが「水戸黄門」を演じた時の時代劇が流れていたが、その中にゲストとして用心棒役に竹脇無我さんが出ていた。もういつだったか、テレビで森繁久彌さんと竹脇無我さんが出て、森繁さんがソバを食べている横で、無我さんがハサミで長いソバを切るというのを見た事がある。

 森繁さんはよくアドリブを入れる人で「このシーンどっかで見たね?」というと真面目な無我さんは、一瞬笑いを隠すように「はぁ」と言ったのが面白かった。何の時に、そんなシーンがあったのか何も覚えてないが、そのところだけ鮮明に覚えている。コンニャクをハサミで切りながら、そのシーンを思い出していた。コンニャクは、たっぷり入って1袋150円だが、サービスの日は100円なので、100円の日に、もう3回も頼んで買ってもらった。美味しいので飽きない。三角に小さく切った三色入りのコンニャクも袋である。これも美味しい。

 コンニャクはコンニャク芋で出来るが、相当灰汁(あく)が強いらしい。「金スマひとり農業」の渡辺さんは、色んな事に挑戦するが、何も知らないでコンニャク芋を蒸かした時に、ほんの少し味見をした。強烈な舌の痛みに襲われ、ウガイをしても何をしても治らず、病院に担ぎ込まれるシーンがあった。息も絶え絶えでコンニャク芋は恐ろしい。

●コンニャク芋とは
https://kan-etsu.com/knowledge/konnyakuimo/about.php