IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

「きょう2月22日は猫の日」

 2が「にゃんにゃん」だからだそう。テレビでどうぶつが出て来ると、必ずと言っていいほど犬・猫が出て来る。ユーチューブが全世界から投稿できるため、ホントに犬・猫がよく出て来て、よく見てるが赤ちゃんは可愛い。

「ねこまんま」は行儀が悪いか?とネットにあったが、私は「ねこまんま」が、子どもの頃から大好き。毎回かつお節に醤油をかけ、お茶を入れたり、みそ汁を入れたり、そこにタラコがあれば大・大ぜいたく。おいしいわぁ。こんなおいしいもの、行儀なんかクソくらえ(笑)

 このほど、お笑いのコロッケが、新事業として「コロッケ店」を立ち上げたらしい。コロッケも大好きで、ねこまんまと一緒に食べたら、これもごちそ~。嵐山で
中国の観光客がコロッケを食べ歩きしていた。1個100円だし、そんなに安いとは思えないけど長い列が出来ていた。今はあの賑わいが嘘みたい。

●ものまねタレント・コロッケが明かす「新型コロナがなかったら、コロッケ店は出さなかった」フラッシュ 2/20(土)

『コロッケ店を出しませんか?』という話はあったし、じつは、以前にもコロッケ店はやったことがあるんです。2015年12月に浅草に『滝川コロッケ本舗』という店を出しました。

 店自体も所属事務所の社長に任せきり。自分は名前(本名・滝川広志)を貸しているだけのような状態でした。経営は、うまくいきませんでした。自分で味を確かめる、といったことを疎かにしていたことを、僕の中で反省点にしていたんです」

 今回は40年来の親交がある人物と、新会社「株式会社コロッケエンターテイメントフーズ」を立ち上げた。肝心の商品の味についても、「特製 和牛ビーフコロッケ」(税込み150円)だけでなく、小松菜とお揚げなどを使った「新小岩コロッケ」(税込み180円)など、一つ一つをみずからが監修しているという。

 新小岩に1号店をオープンした「コロッケのころっ家」はテイクアウト専門店。新型コロナ禍で初期費用、固定費を抑えられるように考えたという。全国的には知名度が高くない新小岩への出店も、地域との結びつきが強い商店街の中に出店できるという立地条件から選んだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/45835c1583f4f58c91ac97323f7c31f52be61eb0