IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

Percy Bysshe Shelley

私たちはどこから来たのか、なぜここに存在するのか?

月日は哀しみをもって月日を追い、年は年ごとに悲しみを思い出させる。

言葉もなく ただ耐えしのぶ 花のいのちは、私の運命でもあろうか。

     冬来たりなば春遠からじ。

ふむふむ