IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>5907

追記
特許出願と特許取得は違うので、アンジェスが出願した全ての国で特許権を取得した訳ではありません。詳しくは下記(あるサイトから引用)をご参照ください。現在、アンジェスは日米の両国の特許は取得していますが、ヨーロッパ等については、やはり不明という状況です。
---…
PCT出願は各国で出願日の確保が可能ですが、特許権を取得するためには、
各国に対してPCT出願の移行手続きを行い、各国の国内法に沿った審査を受ける必要があります。この移行手続きは、所定期間(原則20か月以内(最長30か月以内))に行う必要があります。またPCT出願の大きな特徴として、国際調査があります。国際調査では、PCT出願された発明について先行技術調査が行われ、新規性・進歩性を中心に特許可能性に関する見解が示されます。この調査結果は、PCT出願をした後、数ヶ月という非常に早いタイミングで取得できますので、早期に発明の権利化可能性を見極め、移行国を選択したり、権利化を継続するか断念するかの意思決定に反映することができます。