IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

高血圧ワクチンの特許って、日米のみ取得ですよね。オーストラリアとヨーロッパはどうなってるのかな。


高血圧 DNA ワクチンに関する特許を取得(米国)
アンジェス株式会社(本社:大阪府茨木市、代表取締役社長:山田英、以下当社)は、現在、開発中の高血圧 DNA ワクチンに関して、2020 年 6 月 11 日に発表した日本に続き、米国でも特許を取得いたしましたので、以 下の通りお知らせいたします。
本特許は、高血圧の治療又は予防を目的とした DNA ワクチン※1とアンジオテンシンIIもしくはその部分ペプ チドに特異的免疫応答を誘導するための組み合わせ製剤特許および用途に関する特許です。
高血圧 DNA ワクチンは、血圧上昇作用を持つ体内物質である「アンジオテンシンII」に対する抗体(免疫作 用により標的の物質に結合する分子)を体内で作り出し、その働きを抑えることで高血圧を治療することを目 的に開発を進めています。
 発明の名称: DNA-ペプチド併用ワクチン  特許番号: US10695420
 発行: 米国特許商標庁
※1 DNAワクチンは、たんぱく質の設計図である DNAそのものを体内に導入し、目的の抗原を体内で作る ことにより効果を発揮します。抗原が体内で作られると、生体は抗原を攻撃する分子(抗体)を作り出し、異物 を排除する免疫反応が引き起こされます。DNA ワクチンはこの作用を活用した治療薬です。
また、この高血圧 DNA ワクチン開発に活用されているプラスミド DNA 製法は、現在開発を進めている新型コ ロナウイルス向けの DNA ワクチンにも使用されています。

  • >>5893

    特許情報プラットフォームを見ると、アンジェスの高血圧ワクチンの国際特許出願の内容が確認できます。PCT国際出願という方法で出願されていて、これは特許協力条約(PCT:Patent Cooperation Treaty)に基づく国際出願のことで、日本の特許庁に対して出願手続きを行うことにより、条約加盟国全てに同時に出願をしたのと同じ効果が得られるとのことです。現在153ヵ国が締結しています。アンジェスがその中から同時出願を指定した国(略号)は下記です。凄い数ですが、例えば、CAはカナダ、DEはドイツのことです。略号の確認は、PCT 略号で検索すれば出てきます。
    ---
    AP(BW,GH,GM,KE,LR,LS,MW,MZ,NA,RW,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM),EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,RS,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AE,AG,AL,AM,AO,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BH,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CL,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DO,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,GT,HN,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,KM,KN,KP,KR,KZ,LA,LC,LK,LR,LS,LT,LU,LY,MA,MD,ME,MG,MK,MN,MW,MX,MY,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PE,PG,PH,PL,PT,QA,RO,RS,RU,RW,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,ST,SV,SY,TH,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ,UA,UG,US,UZ,VC,VN