IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>5869

この雑誌は調べて見ると、高血圧学会の学会誌なのですが、出版がシュプリンガー・ネイチャー(Springer Nature)であるところが重要だと思います。
◯日本高血圧学会の学会誌Hypertension Researchは、高血圧領域の臨床および基礎の原著研究論文を中心とした欧文誌で、レビュー論文やEditorial(論説)も掲載しています。シュプリンガー・ネイチャー(Springer Nature)より出版されている国際学術誌で、2019年のImpact Factorは2.941と高血圧専門誌の中で上位に位置付けされています。また、年間最優秀論文1件、優秀論文2件に対してHypertension Research Awardを授与し、研究の奨励をはかっています。
◯ シュプリンガー・ネイチャー
2015年にホルツブリンク出版グループが保有するネイチャー出版グループ(英語版)、パルグレイブ・マクミラン(英語版)、マクミラン・エデュケーション(英語版)の3社と、BCパートナーズ(英語版)が保有するシュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディアが合併して発足した。合併計画は2015年1月15日に最初に発表された。2015年5月に取引が成立し、ホルツブリンクが53%、BCパートナーズが47%を保有することとなった。同社の源流には、多数の雑誌や出版社が存在している。その中で著名なのは、1842年にベルリンのユリウス・シュプリンガー[注釈 1]が設立したシュプリンガー・フェアラーク(Springer-Verlag)[6]、1869年から『ネイチャー』を発行しているネイチャー出版グループ、1843年に設立されたマクミラン出版社である。

  • >>5872

    Impact factor(文献の引用率のことであり、そのジャーナルがどれくらいの「重要度」や「影響力」を持っているか定量的に評価する指標のひとつ)について言えば、高血圧という領域では良い方なのでしょう。ちなみにNature本誌に掲載されれば抜群なようです。ここはエメンドに目指してもらいたいと思います(山田社長から、以前、雑誌掲載より特許取得の方が価値があるといった発言もあったように記憶していますがw)。
    医学関係のジャーナルのImpact factorの事例(※いずれも2017年のデータ)
    ●NATURE REVIEWS DRUG DISCOVERY:50.167
    ●Nature:41.577
    ●WORLD PSYCHIATRY:30.0
    ●Neuroscience:3.382
    ●Orthopedic Clinics of North America:2.672
    ●Gait & Posture:2.273
    ●Brain & Development:1.544
    ●Hand Surgery & Rehabilitation:0.308