IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

すいません、自分でネタバレしないと言いながらどうしても書きたい部分が

ジャック・エリオットは、メジャーリーグベースボール (MLB) のニューヨーク・ヤンキースの強打者としてワールドシリーズでMVPを獲得した経験も持つスター選手だが、ここ最近は目立った成績を残せず、スピード違反と試合後に複数の娼婦を同伴したことが明るみに出てCMの降板が決まるなど、選手としてのイメージも低下する一方。そんな中でルーキーのリッキー・デイビスとのポジション争いに敗れ、チーム側からトレードの通告を出されてしまう。この時唯一オファーを出したのはMLBの球団ではなく、NPBの球団・中日ドラゴンズであった。
MLBへの未練を抱えたまま来日したジャックは日本文化・日本の野球にしばらく馴染めず、プライドが高く気の荒い性格も影響し、チームメイトや通訳の西村洋次、監督の内山らと衝突を繰り返す[3]。一方、西村がジャックの発言を故意に紳士的な解釈で訳したこともあり、マスコミはジャックを「ミスター・ベースボール」と称える[4]ものの、入団当初良かった成績もシュートが苦手という弱点が露呈すると振るわなくなり、鬱憤の溜まったジャックはチームメイトのマックス・デュボアの忠告も聞かず、乱闘を起こして出場停止処分を受けてしまう。
それを見た内山監督の娘・内山ヒロ子は、ジャックを自身の実家に連れて行く行動を取る。ここで素麺をすする音に抵抗したり、箸をご飯に立てて叱られるが、ジャックの獲得を指示したのは球団幹部ではなく、「粗雑ではあるが最盛期は終わっていない」という判断をした自身であることを明かした内山のほか、ヒロ子や西村やチームメイトなど周りの人物達によって少しずつチームに馴染んでゆき、お互いを理解するようになる。
改心後は3割を超える打率を残す活躍を見せ、ロサンゼルス・ドジャースが獲得の動きを見せる。そのスカウトの前でのジャイアンツとの決戦では、リーグ優勝と内山が現役時代に残した7試合連続本塁打[5]の記録更新が掛かる中、巨人は「ガイジン」に記録を取らせまいと敬遠の連続。9回裏、2死満塁。周囲がバントのサインを出すと考えられた場面で内山は「打て」のサインを出すが、個人記録よりもチームの勝利を優先したサヨナラ2ランスクイズプレイを決め、見事リーグ優勝の立役者となる。
(ミスターベースボールのあらすじ)