IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

週間天気予報 次の週末以降に強い寒気、立春過ぎても防寒必須
1/30(日) 14:54配信

■この先1週間のポイント■

・週後半は南岸低気圧に注目
・次の週末以降は強い寒気が流れ込む
・そろそろ花粉が飛散開始

週後半は南岸低気圧に注目

冬型の気圧配置が続き、日本海側の地域では曇りや雪の日が多くなる予想です。

4日(金)から5日(土)は日本の南海上を低気圧や前線が進みます。

現時点では、日本列島からは離れて通過するため関東などの天気に大きく影響することはないと見ていますが、低気圧の進路等によって影響が変化するため、随時最新の見解をご確認ください。

次の週末以降は強い寒気が流れ込む
次の週末以降、日本の上空には強い寒気が流れ込む予想です。

今回の寒気は今季では年末年始に次ぐ強さで、日本海側では強雪や大雪のおそれ、東海や近畿などでも雪に注意が必要です。

また、5日(土)は関東でも異なる風同士がぶつかるシアーラインにより雲が発達し、降水を伴うと雪の可能性があります。

寒気が居座り、気温の低い日が続きます。4日(金)には立春を迎えますが、春らしくない寒さとなるため、防寒や風邪対策を心がけてください。

そろそろ花粉が飛散開始
すでに花粉症の症状を感じ始めている方もいるようです。

ウェザーニュースの花粉飛散予想によると、2月上旬に関東や東海の一部、九州を中心とした西日本からスギ花粉の飛散が始まる予想です。2月中旬には中国や近畿、東海の広範囲、また東北南部でも飛散が始まる見込みです。

一般的には気温の高くなる日ほど花粉が飛びやすいとはいわれますが、油断は出来ません。暖かくなるとすぐに飛び始めるおそれがあるため、花粉症の方は、今のうちからしっかり対策を準備しておいたほうが良さそうです。

ウェザーニュース