ここから本文です

【明日はわが身(2)】
わたし、十分理解し、日銀に展開するところまで
消化できていませんが・・・類似の現象が起きないとも限らないので
以下ネットからの抜粋です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(略)
今回の教訓も「おかしなことはいずれ是正される」ということだと思います。中央銀行が人為的に為替レートを維持しようとしても、市場原理には勝てないということです。1992年にジョージソロスがポンド売りによって、イギリスをERM脱退に追い込んだのもイングランド銀行がポンドを人為的に維持していたことが原因です。歴史は繰り返したということです。

日本でも中央銀行である日銀が、国債市場で人為的に相場を動かしています。日銀の国債購入で金利は低下し、10年債の金利は0.2%台と史上最低です。イングランド銀行、スイス中銀にできなかった「マーケットをコントロールする」ことが、果たして日銀にはできるのでしょうか?

日本の投資家が今回の「スイスショック」から学ぶべきことは、まさにここにあるのではないかと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結論 ある訳がない 歴史は二度証明している、三度目は ○本?!
で、そのときに 何が起きるか (←これ宿題!おでまだ熟考できてない(汗))

以下は情報提供者
554261.
sanagiman 1月17日 11:08
なるほどね。
http://blogos.com/outline/103640/
http://blogos.com/outline/103593/
http://blogos.com/outline/103648/