IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2021年9月29日、母が他界しました。
身内に迷惑をかけたくないと、自ら勝手に施設への入居を決め、サッサと家を出て行ったのがもう7年前でした。
昨夜は施設の人たちと元気に夕食を共にし、朝ご飯と昼ご飯は自分で用意する生活をおくっていたので、今朝もご飯を炊いてお味噌汁を作り、これから食べようとしていた時に亡くなったようで朝10時の点呼の際に発見されたそうです。
まあ、最後まで自分の食事を用意してなんていうのはいかにも母らしい大往生であったと思います。
元々は原宿の使用人が20人もいる菓子屋のお嬢様で、当時難関の府立女学校を出た所謂、才媛だったらしいですが、僕が知っている母はまあよく人の世話を焼く優しく気の強い人で、僕が学生の頃にはいつでも友人が何人も来ましたが、みんな母と仲良しで、僕抜きで長時間話をしたりなんていうのも当たり前でした。
私設に入ってからも母に会いたいと言いに来る友人が数人いて、母も大喜びしていました。
いい母に育ててもらったと心からそう思います。
今夜は徹夜で線香を守ります。