IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

 中国の人力資源社会保障部や国家市場監督管理総局など4部局は10日、インターネット・プラットフォーム企業を招いた会合を開き、美団(03690)、アリババ集団(09988)、テンセント(00700)など10社に、新しい雇用モデルの下で働く従業員の権益を保護するよう行政指導した。プラットフォーム企業が政治的見地を高め、先ごろ通知した「新就業形態労働者の労働保障権益を維持する指導意見」の精神と内容を理解して実行するよう求めた。

 4部局は大手プラットフォーム企業が「率先して模範となり」、雇用側の責任を果たすよう要求。「意見」に基づいた労働報酬や休息、安全な労働環境を提供できるよう、労働者の権益を保障する制度を整え、労働者の意見や提案を聞き取らなければならないとした。